暑さでまいるが、乗りたくもなる

このところの猛暑で、どうしても夜間に乗る事が多いものの、たまには昼にも乗りたいわけで、今日は少し曇りで涼しそうなので乗ってきました。


いつもの散歩道ですけどね。相変わらず気合を入れなくても走り出せるこの軽快さが良いです。ジャケットが暑いだろうなー、と構えてましたが、メッシュなので走り出せば十分涼しい感じでした。

たいしてスピードも出ていないのに盛り上がるのがコスパの高いところですね。最近、ハンドルを一段下げられるならば少し楽になりそうと思い始めました。肩に問題があり、ハンドルが高いと伏せにくいんですよね。でもトップブリッジから直接ハンドルが生えてるので、ちょっと難しいだろうな。


こちらは全く同じアングルで撮った写真をPRISMAというアプリで加工したもの。コントラストのはっきりした車体なのでこうすると色が面白いですね。


Practice on cart track, Fuji Speed Way

肩の怪我以来来ていなかった富士スピードウェイのカートコースに出かけてきました。こちらのコースは、1日走っても3,100円で、入場券1,000円入れてお弁当買っても5,000円で丸一日遊べるいいところです。250位だと楽しく走れますし、ガッツリ走りたい人にはトランスポンダの貸し出しもあります。RC250のためのようなところなので、楽しみにしてました。


まずは海老名SAで待ち合わせ。カートコースは規制もゆるくて、オフ車でも問題ありません。モタードも走ってますしね。見間違えようのない待ち合わせです。


近くにBMW R1200GSが停まっていました。デカイ。なんという塊感。車重はあまり変わらないと言いますが、おそらく駐輪場でもものすごい存在感でしょう。Adventureも相当なもんですけど、これほどではない。でもすごい所有感もあるんでしょうね。同じ系統のバイクを持ってるものとして、素直にすごいなーと思います。こっちは軽快に乗ろうっと。て、今日はAdventureの話ではないですね。


もちろんカートコースではリア周りもミラーも外してレース仕様です。当日は梅雨にも関わらずの晴天、というか猛暑で30度超えです。トランポもない私たちにはなかなか厳しい。午前中グルグルと回って練習してましたら、あたまがクラクラしてきました… 最初は慣れないながらも、力がだんだん抜けてきて自然にニーダウンできるようになり、テンポもつかめるようになってきました。


タイヤを見る限り、左回りはしっかり走れているようです。この大きさのタイヤこの車重だと、おそらくこのあたりまでなんじゃないでしょうか。Adventureなんかはほっといてもエッジ近いですが。フロントはセルフステアしやすいのか、かなり使ってますね。フロント荷重強いのかな。まだまだ低速でもあり、こんなもんなんかなと。次は右をしっかり練習したいです。

カートコースでのRC250は、本当に乗りやすくて、限界値も高く、失敗しても車重が軽いので立て直しやすいし、かなりいいです。前にショートコース走った時には分からなかった感覚が少し見えました。

ところが、ライダーの体力が続きません。昼ごはん食べてしばらくした時点でグロッキー気味、早々に退散することになりました。といっても、ヤビツ峠で帰りましたけど…


今度は、ライパあたりでAdventureも走らせてみたいですね。RCはサーキット遊びをもっと積極的にしたほうが楽しいなと実感しました。トランポないけど、自走で頑張ります!


She is nightcap!

今日もアレです、朝から1190で出かけて、昼も車で出かけて、真田丸も見てもう大人しくしてればいいのに、寝る前のちょっとした運動へ…


最近よく行く Green Pit で待ち合わせ、少し走る予定がすぐに雨降ってきましてすぐに退散しました。

これで今日もゆっくり寝られそう。私はお酒を飲みませんけど、寝酒みたいなもんですかね。おやすみなさい。


今日もお疲れ様でした!


小さなバイクのイイトコロ

今日はなんだかスッキリしない。こんな時は少しバイクに乗って穏やかな気持ちになろう、なんて時に、1190ADVENTUREを気合を入れて出す!とはやっぱりならない。


そうなると、RC250の出番。久々に乗ると、やっぱり軽々。軽さは万難を排する。決してお買い物向きではない。しっかり姿勢をとって上半身の力を抜き、フリーにしておかないとセルフステアを邪魔してしまう。パワーも1190のほ5分の1だ。

だが、それがいい。調子に乗らなければ、扱える範囲のバイクだから。


コンビニまで行って、少し流して帰るだけ。でもそれでスッキリ。単純なもんです。手軽であることはそんな気分の時に大きな意味があります。


やっぱりいいバイクだなぁ。11190のように懐の深さで「乗せて」くれはしないが、自分のあり様に対して素直に「乗れる」バイクだと思う。

うまく乗り分けていこう。右のステップが多少気になるのだが、それも含めて今度またショップで相談に乗ってもらおう。と、ミニチュアを眺めつつ妄想です。


芦ノ湖 – 真鶴方面ツーリング

20160503_003554168_iOS

芦ノ湖 – 真鶴方面にツーリングに行ってきました。今回は4台の参加です。

 

20160503_003509199_iOS 20160503_001102361_iOS 20160503_001208718_iOS

途中さすがに250シングルでは上らないなーと思いつつも、楽しく芦ノ湖スカイラインを駆け抜けてきました。下りなんかは特にこのバイクでも気持ちよかったですね。

その後真鶴方面へ行ってみどり食堂というところでしらす丼定食。アジフライが主役を喰う勢いで、半分はお持ち帰りしました。モーレツに旨かったです。

20160503_024443147_iOS

今回はマシンにはトラブルはなかったものの、レッグバッグをあけながら走ったおかげでクレジット化=ドが吹っ飛んでなくなるというしょうもないトラブルで皆様にご迷惑をおかけしました。すみません。。。

20160503_052342196_iOS

この日は富士山がきれいに見えることが多くてよかったです。

20160503_075721295_iOS

そろそろ洗車してやらないとなー、と思います。またまた楽しい一日でありました。みなさんありがとうございました!


Quantum Break : 海外ドラマ好きなら絶対にお勧めしたい

今やHuluやNetflixが大きく普及することで、海外ドラマをノンストップで見ることができることも多くなった。古くは「24」をDVDで一気見するとかもこの類である。なかなか止めどころが見つからず、気づいたら空が明るくなっていたというようなことも私は多い。

Quantum Break はこのような「ノンストップドラマ」的な疾走感をうまく演出に作りこんでいる。話の筋としてはタイムパラドックスものであるといえばそれまでなのだが、映画品質で展開される実写ドラマから完全にシームレスにゲームプレイが始まり、継ぎ目のない没入管を手にすることができる。ドラマ部分は海外ドラマ好きにとっては見慣れた俳優がたくさん登場する(最近だとゲームオブスローンのロードベイリッシュとか)もので、きわめてハイクオリティである。しかも、タイムパラドックスものであるので、自分の行動が後の展開を変えることにもなってくる。(そのおかげでどうしても何周かまわしてすべての映像を見たいということにもなってくるのだが)

随所であと少し、というところで章のの切り替わりとしてタイトルが流れ、テンションが少し途切れる。だが、これは意図的に作りこまれたもので、おいおいそこでどうなるんだよ!という気持ちのままでゲームを続けるリズムになっている。

ゲームプレイ自体も時間転移のせいで超能力を身に着けた主人公の特殊な動作がファーストパーソンシューティングに良いスパイスを与えてくれている。ゲームレベルを調整すれば、シンプルにドラマを楽しめるところまで難易度を下げることも可能だ。ある意味で、現状のコンソールゲームのレベルならここまでやらなければいけないよというハードルをまた上げたゲームだと思う。ここまで作りこむなら映画作成と同じだなと思いつつ、単純にプレイヤーとしてこれを楽しめる現状に感謝するばかりだ。


SRTTサマーランドベーシック2回目

SRTTのサマーランドベーシック2回目に行ってきました。あいにくの曇りでしたが、雨
が振らないだけマシです。

image

今日も沢山の参加者の方達が来ていて、総勢22名。今回は初めての方もたくさんおられました。

image

V-Maxの方もおられました!

image

今回も上位陣の皆様は尋常でない上手さに見えました。回転半径も小さく、メリハリもあります。今回は高1の方もお父さんと参加されてまして、こんな頃からやれてたらうまくなるだろうなーと羨ましい限りでした。

途中低速で3速に入れてしまってぽてゴケしまして、多少ダメージがありましたが、BabyFaceのクラッシュガードと純正のクラッシュパッドのお陰でカウルなど本体へのダメージはありませんでした。グリップエンドとレバーエンドは削って黒く塗るかな。レバーはどっちにしても予備を買っといたほうがいいと思いました。(ホンダで転倒された方がレバーが折れてしまって、別のマシンの予備でついたみたいです。さすがホンダw)

image

前に「良いスニーカーみたい」と感じたRC250ですが、汚れもするし傷もつくのがスニーカーと割り切ります。

2回目ということで、随分身体の硬さが取れたみたいではあるのですが(前回ほど腕や肩はバキバキではないです。内股は今回もぷるぷるしてますけど)、今度はメリハリをつけることが課題になってきました。次回は日程的に出張中、今回こそは変更なくアメリカのはずですが、また間を空けないように参加したいです。

走行時の動画を編集しましたので、よければご覧ください。GoProはなかなか面白い!


GoPro4 Session 導入

走行動画のために GoPro4 Session を導入しました。昨年末に値段が下がっていたみたいですね。


なんだかんだとマウント用のフレームなんかがついていますが、まずはフラットなベースをヘルメットのシールドの斜め下あたりにとりつけ、ボールジョイントマウントでフレームをセットします。iPhoneのアプリがよくできているので、色々と試せます。Amazonなんかを見てると完全にブランドを中心としたエコシステムが出来上がっていて、「その他」との差を見せつけている状態です。

メットへのマウントはカーブマウントという曲面対応のものにするかは場所によって微妙な判断になりますね。私はカメラをメラって撮るような性分ではないので、ポンポンとって後で考えます。ビデオ編集ソフトも無償で提供されていて、とても簡単に仕上がります。とりあえずやってみたのがこれ。妙な長尺になってしまってますが、雰囲気はわかるんじゃないかな。


SRTTに参加!

祝日を利用してSRTTに参加してきました。今回は数年前に参加したサマーランドの内容がクラス分けされて、初級のベーシックとなったものです。サマーランドまでは比較的近いのですが、気合を入れすぎてあまりにも早くついたため、集合場所にも代表の内藤さんしかおらず、近くのコンビニで朝ごはんです。


今回はスクールということでフル装備です。つけたばかりのスライダーの世話にならないようにしないと。
  
夏場は観光客で賑わうプール施設ですが、そこの駐車場を借りての場所になります。パイロンを置いてくるくる回るわけです。

だんだん集まってくる参加者の方にお話を聞いてみると、皆さん常連さんばかり!何回参加したかは、正直覚えてないなー。(リアもフロントも端までキレイにお使い)という感じの方が多く、もちろん私はドンケツでトレーニング参加です。車種は様々で、多くはビックネイキッドでしたが、Ninja250SLやH2(!)、中にはDIABELの方までいました。その車種でなぜそこまで攻められる、という感じで皆さん上手いんです。全体的に皆さんベテランさんで、私は年齢的にも若造の領域でした。元気だなー。

  
ブレーキング、8の字、360度ターン、ステップワーク、シート荷重、旋回中のブレーキング(特にリア)コース利用の応用としっかり練習していきます。初級とはいえ、個人的には内容的に初級感まったくありません。初心者ということでインストラクターの皆さんも代わる代わる教えていただき、とても参考になりました。どうしても身体が逃げる傾向にあるようで、もっとハンドルに近づくように意識していきたいですね。

  
結果として、かなりフロントをつかうことになったようです。終わって帰ったら身体がガチガチで、変な力が入ってるんだなーとわかりました。怪我した右肩や右腕はなんともなくて力が抜けていたようで、逆に左腕はかばうのかカッチカチになりました。

残念ながら次回日程は出張直後なので無理ですが、忘れないうちに4月あたりに参加していきたいと思います。

追記 : バレンタインが近いということで、女性インストラクターの方にチョコレートとクッキーを頂きました!疲れた身体にしみましたです。

  


車体の安定性について

  
今日はある人と落ち合うために大黒PAまで出かけてきました。いつも通るC2→羽田空港を通り過ぎてその先おもったより長くまっすぐ乗っていると大黒PAです。現状の距離を測るシステムになった首都高速だと、大黒などの上りも下りも出ることができるPAで折り返した場合、4時間以内に首都高を離れれば最大料金一回で済むみたいですね。なんだかお得。

  

 写真は相変わらずいつものところで給油中のものですが、今日驚いたのはRC250の車体の安定性です。空港過ぎたあたりは結構クルマが飛ばしていまして、その後ろをついていったらいつのまにか結構速度が出ているんですね。今日は実際Buellでもなかなか出さない速度になってしまっていましたが、私が所有していたBuellであればかなりブレが出たりして車体が安定しないところでも、車体は全く動じません。7,000回転こえたあたりからぐわーと振動は出ますが、そのまま回していたらリニアに振動が大きくなるかというとそうでもなく、かえって落ち着くような錯覚さえ覚えます。

本来なら390でも使っている車体ですし、当たり前だとは思うのですが、ある程度速度が出ていてもギャップなどをうまく収束させてくれるサスペンション、身を預けやすいシートやタンク回りの良さもあって、不安になりません。(つまり、390ってかなり早い気がする。。。でも250で私は十分。)ほかの250クラスも車体の設計が新しいものはこうなのかもしれませんが、私にとっては結構驚きです。次にサーキットに行く機会が楽しみです。

あと、あまり関係ないかもしれませんが、Go Pro Hero 4 Session という一番小さいGo Proがほしくなってきました。メットや車体にマウントしてもっても小さいので目立ちません。本格的なシーズン前に何とかほしいな。