Build 2014 : Day 1-1 Windows Phone

ついに今年の Build が始まります。まずは初日の Keynote です。いつものごとく DJ を呼んでかなりのボリュームで音楽を流し続けており、朝から盛り上がります!(個人的にはラスベガスでの MIX を思い出します。)

TerryMyerson

Operating Systems Group の EVP である Terry Myerson が仕切り役となって始まりました。Keynote は day 1 と day 2 の2回がありますが、初日は Devices & Services / Mobile first, Cloud first といったビジョンステートメントでいうところの Devices / Mobile に特化した話となりました。私としてもクライアントサイドの話は主戦場でありますので、大変期待している内容でした。マイクロソフトの全てのプラットフォームに携わる者が目指していることは、関わっていただいている全てのパートナーや開発者をモチベートし、「your creativity come to life : 皆さんの創造性を輝かせること」である、と話していたことが冒頭では印象的でした。

JoeBelfiore

まずは Mobile first の先鋒として Windows Phone について Joe Belfiore : CVP, Operating Systems Group が詳細に伝えています。 彼は以前から Windows Phone の顔役といった感じですが、出世して担当範囲が広くなった今でもやはり彼が話さないと始まらないといった感じです。特に新興国などでのビジネス的な成功や新たなパートナーシップについて伝えたのち、メジャーアップデートになる Windows Phone 8.1 について話しています。Windows Phone について「最もパーソナライズドされたスマートフォン」と位置づけ、 More personal, tailored (もっとパーソナルに、仕立てられた) 体験を意識して開発されたとのことでした。

ActionCenter
[command center]

InteractiveLockScreen
[Interactive Lock Screen]

BackgroundTiles
[image live tiles]

これまで以上にインタラクティブなロックスクリーンテーマの導入や、タイルカスタマイズなどが発表され、その後「She comes to life」という発言が出た時に会場の多くの人たちが次に起こることに気づいてざわめいていました。噂されていた Cortana の発表です。 iOS における Siri の位置づけに当たるものと思って間違いありませんが、大きく違うのは Bing と連携することによってユーザーの指向性を把握しており、よりアクティブなパーソナルアシスタントとして振る舞う事だと話していました。(もともとは Halo というゲームに出てくる AI の名前です)開発にあたっては、実際にパーソナルアシスタントとして働いている人々にインタビューを行い、良い仕事をするために何が必要なのかをリサーチした結果を反映しているとのことでした。(その過程も気になるところです)Beta 版とのことでしたが、かなり認識率も高く(確認できたのは英語だけではありますが)きわめてスムーズな言葉で回答を返していました。Windows Phone に内蔵された通知機能と連携して、場所やスケジュール、人と関わるタイミングなどでタイムリーな通知を行うというデモが行われています。Bing と連携をし、かつパーソナルな情報を Phone で保持することによってアクティブにサポートしてくれるパーソナルアシスタントとして開発されているようでした。

Cortana
[Cortana]

notebook
[Cortana’s notebook]

interests
[interests]

QuietHours
[quiet hours]

Places
[places]

FOundFlightInEmail
[メールの中から旅程を見つけてトラックするかどうかを聞いている]

ScheduleConflict
[スケジュールコンフリクトを知らせている]

findRestraunt
[Bing の検索結果と合わせて四つ星レストランを検索]

Siri との大きな違いは、 Cortana が サードパーティアプリケーションでも利用できるという事でしょう。具体的な API がどうなっているのかなどについては Keynote では触れられていませんでしたが、 Hulu でウォッチリストに動画を追加したり、Facebook で特定の個人のタイムラインを閲覧することなどをボイスコマンドで行っていました。個人的にも音声インターフェイスによるアプリケーション操作については大変興味のあるところなので、これを開発に組み込めるとしたら大変素晴らしいことだと思います。(できれば Windows 8 でも使えるようになってほしいですね。)「競合」とは違って、ローエンド端末を含む全ての 8.1 アップデート対応端末で利用できるとのことでした。 Cortana は当初はUSからBetaが始まり、その後UK、中国と開始されていくとのことでした。(日本でどうなるかは不明です)

3rdPartyApps
[3rd party apps]

また、ビジネス利用についても力を入れていることが発表され、 Enterprise VPN への対応、 S/MIME への対応によるセキュアなメール利用、 MDM によるローカルコピーの禁止制御などがデモされていました。その他にも細かい機能への対応として、適切な Wifi を案内する Wifi sense や Word flow keyboard 、設定情報のデスクトップとの同期や IE11 などが発表されていました。実際の市場への投入は今後数か月をかけて行われるとのことです。

nickHedderman
[Nick Hedderman]

WordFlowKeyboard
[wordflow keyboard]

この後発表されているユニバーサルアプリも考えると、Cortana など個人的にも利用したくなる機能もあり、日本での投入が期待されるところです。(続く)

Build 2014 : Day 0

本日より一週間 Microsoft Build 2014 に参加しています。4月1日出発で1日到着、到着当日はレジストレーションなどを行ってから弊社ブースの確認などを行って行きます。(このエントリーはサンフランシスコに向かう機内で書いたものです。)

今回は CEO が Satya Nadella 氏になってからの始めての Build ということで、諸々のメッセージに違いが出てくるのかどうかが気になるところです。もともと、Windows 8のリリースに伴ってこれまでの PDC や MIX を統合して始まった Build ですが、当時の Steven Sinofsky の意向が強く現れていたことは間違いありません。これで四年目の参加となりますが、個人的には昨年あたりはマイクロソフト内部がバタバタしているのが現れていたような気がして、いつもの世界各地から集まる仲間との同窓会としては良いものの、イベントとしては多少勢いを失っていたように感じていました。

自らもハードコアデベロッパー出身であると公言するSatyaが、どのようにこの最大のデベロッパーカンファレンスに合わせた用意をしてくるのかとても興味があります。

気になるアイテムとしては :

  • 次期 VisualStudio 及び VisualStudio Online
  • XBOX Oneでのアプリ開発
  • Kinect 関連
  • Windows RT と Windows Phone に関する動向

などが挙げられます。ただし、これらを超えて気になることがあるとすれば、Windows 8.1 アップデートにおいて既存ユーザーに譲歩したように思える OS 全体の体験デザインがどのような方向性になって行くのかということです。常々私は、Windows 8 は NUI 時代への入り口における、Windows 3.0 のような存在であると考えています。新しい標準が浸透する前に既存環境も含めたサポートが必要になる世代であり、どちらの世代にとっても橋渡しゆえの中途半端な状態ではあるものの、次世代に至る道のりにおいて大変重要と考えています。個人的にはWindows 8.1 アップデートが Windows 3.1 のような大きなマイルストーンで在るとは思えていないので、今後につながる重要な発表があり、今後 NUI 世代においての Windows 95 にあたる存在を少なくとも期待できる何かがあることを期待して止みません。

アプリとして、手書きをしっかりサポートできるものがiOSに比べて圧倒的に少ないことも気になります。ちなみに、今回はiPad Air と Surface 2 しか持ってきませんでした。どこまで作業可能であるかの実験でもあります。

などなど書いておりますが、もちろんシンプルにイベントを楽しむつもりでいますし、毎年ここでしか会えない人たちとの再会も楽しみです。 今年はBLOGが途中で力尽きないように頑張りたいと思います!それでは四日間、よろしくお願いいたします!

3月のセミナー予定について

3月も多くの場所で講演をする機会を頂戴しております。ご都合のよいタイミングがございましたら、ぜひ足を運んでいただければと思います!


3/21(水) 無償セミナー 「多様化するニーズに開発効率化で応えよう!」

アジャイル開発やアーキテクチャコンサルティングで名高いテクノロジックアート様と共同開催で、セミナーを開催させていただきます。

インフラジスティックスからは、私から「多様化するユーザーシナリオとユーザー体験について」ということで近年のコンピューティング環境の変化に伴うユーザーシナリオの変化などについてお話させていただき、テクノロジックアート様より実際のプロセスなどについてお話いただいた後、「UI コンポーネントを活用して、更に開発生産性を向上させよう!」ということで弊社のデベロッパーサポート担当の三田と、エンタープライズ営業担当の西下からUIコンポーネントの活用による生産性の工場についてお話をさせていただく予定です。

ソフトバンクBB株式会社様の 汐留オフィス 20F セミナールーム(とてもよい会場なのです!)をお借りして開催いたします。是非ご参加くださいませ!


3/22(木)先端IT活用推進コンソーシアム:AITC様、「ユーザーエクスペリエンス技術部会」セミナー

いつも興味深いセミナーを開催されているAITC様の「ユーザーエクスペリエンス技術部会」にて、講演を担当させていただきます。

これまでのUIとこれからのUIについて」というタイトルで、このところDevSumiなどでお話させていただいていた内容をベースにしてお話します。もちろんWindows 8 の Metro など含め新しいネタも盛り込んでまいります!概要はこんな感じです。

「これまで以上にユーザーの周辺に高度なIT活用の体験が当たり前になっている昨今の現状に対して、あえてこれまでのUIの変遷を振り返り、今後エンタープライズ環境におけるUIにおいてどのような対応が必要であるかについてお話しして行きます。

セミナーは基本的に会員様向けですが、会員になることを検討している方も参加できるようです。


3/23(金)Jump into Metro! 連動セミナー:第1回 Windows PhoneアプリではじめるMetro UI の世界[導入編]

現在WebDesigning誌で連載させていただいているWindows Phone開発記事の「Jump into Metro!」に連動した企画として、3回に分けてセミナーを開催してまいります。先日Windows 8 Consumer Previewがリリースされたばかりですが、Metro は単なるすたいるに留まるものではなく、アプリケーションを通じた体験に関する考え方であり、マイクロソフトが「デザインランゲージ」と呼んでいるとおり、コミュニケーションの仕方そのものなのです。今後の流れを踏まえ、今すぐに Metro を表現できる場としての Windows Phone を題材に進めてまいります。環境構築のような基本的な情報もお届けしてまいりますので、これから始めてみたい!という方に是非来ていただきたい内容となっております。

かなり連続でお話しすることになりますが、一つ一つ丁寧に進めていきたいと思います。是非参加をご検討くださいませ!