MOTOAIDに行ってきましたの巻

昨日はもともとMOTONAVI-FESとして予定されていたものの、震災支援活動に形を変えて復活したMOTOAIDに行ってきました。寸前でBuellが修理完了したため、やはり自走で行けることになり、会社の伊東さん(CB400SF)、西澤さん(VTR250)と3人で出かけてきました。待ち合わせは、会場が10:00からだったので談合坂に09:00にしたのですが、八王子近辺から思った以上に混んでいたので、高速ツーリングは初めての西澤さんは間に合わないかなぁとか思っていましたが、なんだかんだで時間通り到着。私は結構前に到着していたので、あまりにも汚いBuellをフクピカできれいにしながら待っていました。

談合坂から会場まではあっという間に着きます。道に誘導の方も出てくれていてわかりやすかったです。というより、バイクがみんな同じ方向に行くので迷いようがない。w

IMG_1542
<会場の駐車場。かなりの台数がすでに来ていました。いいバイクが多いですね。>

すでに結構な人数が到着していて、川西編集長と松下ヨシナリさんのトークで始まっていました。協賛のお店もかなりの数が出ていて、思ったよりも規模の大きなイベントになっていました。

IMG_1543
<会場風景。WAKO’Sのブースでヘルメットを磨いていただきました。ありがとう!>

IMG_1544
<トークに使われていたステージ。よく見るとKTMのトレーラーですね。>

募金したり、お店を見たり、非常にシンプルに楽しいイベントでした。復興イベントというと、なにやらなにしろ募金だ!みたいな妙な感覚があるものが多いですが、純粋に楽しみつつ募金がされていくという、理想的な感じだったと思います。私もブースで募金してみたり、Ducatiのグッズ欲しさで募金したり。そういえばMOTOAIDのステッカーをもらい損ねたなぁ。どこかで手に入らないだろうか。そうそう、最初なかなか合流できなかったんですが、佐々木さんとも会場で会うことができました。その後のミニツーリングもご一緒してます。

個人的には、ACE-Cafeのシャツを買いました。もともと6,000円以上するのに2,000円だよ!そりゃ買うわな。ほかのブースも軒並み30%オフとかになっていて、財布に余裕があればRSタイチのジャケットとか買っただろうな。。。あんなに安くなるケースはまずないですからね。

多くのメーカーも来ていて、試乗会も行われたんです。初めて見る新型も多かったですね。DIAVEL、DUKE125、CBR250R、新型TIGERなどなど。当然乗れない展示のみのものも多かったですけどね。w

IMG_1545
<DIAVEL。リアタイヤが太すぎる!これって交換したらいくらなんだろう。。。本体は以外にも200万円を切るところからあって、V-MAXよりも安いですね。写真はカーボン装備の上位モデルです。ナンバーをつける部分の造形が斬新。>

IMG_1546
<KTM Duke125。兄貴分のDukeに負けない車体。45万円は破格だと思うな。>

IMG_1550
<CBR250R。45万円が破格の第二弾。なぜミラーステーがあんなに細いかは別として、作りが安くない、Hondaらしい良いバイクだと思います。十分に所有感があるね。バイクって、これで十分なところもあるな。>

この試乗会上で、うれしいサプライズがあったんです。われらがBuell隊長野口さんがいました!風の便りにKTMに行かれたとは聞いていたんですが、こんなところでお会いするとは。私と佐々木さんが並んではいってきたので、おぉー、みたいな視線を送っていただいておりまして、挨拶しに行ったら「ご無沙汰してまーす。」って、あれだけの人数いたはずなのに顔とか覚えてるのか!プロだね。お話聞いてみると、なんとKTMへはBuellで出社されているとのこと!情熱をもってバイクに接することが大事であるという会社なのでOKなんだそうです。新型のDuke125はサーキットで走ってもぶれがない本格的な車体ですよ、と熱く語っていらっしゃいました。私は時間の都合でDukeに乗れなかったんですが、前にも書いたっけな、実はBuellを見に行く当日は、お台場までDuke690を見に行く予定だったんですよ。WR250Xに乗っていたし、Dukeのディメンジョンにとても興味があったんですよね。なにやら縁を感じますな。「KTMのイベントは、Buellライダー全員Welcome、いつでも遊びに来てください!上にも通してありますんで。w」と、力強くおっしゃっていました。いやいや、行きますとも!みんなで遊びに行きましょうぜ!

IMG_1549
<野口隊長と。バイクの話をすると、本当に熱い人です。>

で、結局何に試乗したかというと、Speed Triple 1050でした。前から3気筒は興味があったし、なぜか当日不人気者だったので。w乗ってみると、135psもあるのでパワーがあるのは当たり前なんですが、なんというかとてもスムーズ。かつ、回転が盛り上がる感じがとても気持ち良かったです。2気筒でも4気筒でもない、とか雑誌でよく見かけますが、あぁこういうことなのか、と初めて実感しました。馬力のある車種だから余計にはっきりわかったのかもしれません。低速であれだけ気持ちがいいということは、上まで回したときはどうなるんだろう。あと、回した時の音がものすごくいいんです。個人的にちょっとショックを覚えました。かなり良いバイクだと思います。このイベントを通じて、KTMとTriumphの脳内順位が一気に上がった感じがしました。

DSC_0074
<SpeedTriple。気になったのはサイドスタンドが出しにくい/しまいにくいぐらいで、ポジションも良く、メータも見やすい。なんかちょっとでもカウルがほしい気がするので、先代にあったような小さなとさかがあるといいのにな。>

ある程度の時間に帰るつもりだったので、楽しい空間に後ろ髪引かれつつも会場を後にしました。少し遅めの昼食をとりにほうとうで有名な店「小作」に伊東さんに案内してもらいました。

IMG_1554
<豚肉ほうとう。なにしろ、腹一杯になります。ほうとうの基準が変わること間違いなし。>

いやぁ旨かったですよ。ほうとうのハードルがとても高くなった感じがします。西澤さんは「熊肉」にチャレンジしてましたが、値段ほどすごくはないよ、とのことでした。w基本のほうとうがおいしいんだね。

この後、いつもの道志道で帰ってきました。途中若干一名オーバーランしたらしく冷や冷やしましたが、最終的には無事全員帰宅できました。モリトさん、基本に忠実にしっかり減速ね!

IMG_1556
<おまけ:西澤号のVTR。ミッフィー好きの彼は純金製のシールチューン済み。>

IMG_1557
<VTR号全景。またがってみましたが足つきがとても良く、軽くて、細部にわたってこだわりを感じました。もしCBRの余波で安くなっていたりしたら、個人的にはこっちのほうがいいと思うな。>

今回も楽しくショートツーリングさせていただきました。MOTOAIDについては、MOTONAVIご関係の皆様の並々ならぬ熱意の結晶で、本当に素晴らしいと思いました。生有名人もたくさん見られたしね。w時間があればオークションにも参加したかったな。さて次はBKライディングスクール!今から本当に楽しみです!