Using iPad2 : tablet device = UI for cloud

遅ればせながらいiPad2を購入し、色々と試しているところです。数日使ってみた実感としては、かなり素晴らしい、game changing device だと感じています。フォームファクター、スピード、ハードウェアパフォーマンス、どれもこれまでに無いレベルです。

このデバイスをアランケイのダイナブックになぞらえる人も多いのですが、かなり近いところまで来ている感じがします。有名なスケッチがあるのですが、あの絵に書かれていた利用シーンに最も近い状態ですね。

後は多くの人が言及しているように、HyperCardにあたるものが出てくれば、論文で想像されていたことのほとんどが実現されますね。考えてみれば当時はWebだって無かったわけだし、今ならどんなツールが出てくるのか、本当に楽しみです。ProSumerが現実になった時に、どんなUXがそれを助けるかを思い描いているところです。

DropBoxのようなアプリを使っていても、今後のcloudサービスの顔としてのTablet deviceの可能性を感じます。ようやく、クライアントになんでも置いておくことが終わるのかもしれませんね。

Live Mesh

今日は気分を変えてOS XのMarsEditでこの記事を書いています。何度目かの正直でメイン環境をMacに戻したところなので、Live MeshクライアントをMacに入れてみました。
“Live Mesh” の続きを読む