Adobe Flash Player 9 Update 3

コードネームMoviestarと呼ばれていたAdobe Flash Player 9 Update 3がリリースされました。新しいバージョンナンバーは「9.0.115.0」になります。

主な機能は:

Support for H.264 video and HE-AAC audio codecs.
Multi-core support for vector rendering.
Full screen mode with hardware scaling (currently not available on Sparc).
Flash Player cache for common platform components, such as the Flex framework.

となっており、H.264をフルスクリーンで見ることの出来る環境がwebに整ったことになります。Silverlight 1.0はビデオでのアドバンテージを主張できなくなりましたね。Flex Frameworkでのcacheサポートもボディブローのように効いてくることでしょう。

備忘のためデバッグプレイヤーバージョンテストもリンクしておきます。

全画面ビデオのうまい活用方法を考えていきたいです。

Adobe is hiring Platform Evangelist

Adobeが東京でPlatform Evangelistを探しています。Flash/FlexなどFlash Platform全般に関するポジションのようです。興味のある方や該当する良い人物を知っている人は、MIke Downey(mdowney -at- adobe.com)まで連絡してください。

Adobe need a Platform Evangelist in Tokyo. If you are interested or know someone, email to Mike Downey @ mdowney -at- adobe.com

Adobe Community United : info by English

Adobe Community United

Adobe MAX Japan 2007 is going to be held on 1st and 2nd November.
On this occasion, we are having a community event to bring together the guests from U.S. and user group members. The event is Community United and it will be held on the first day of MAX Japan, November 1st. We will discuss topics from the North America Adobe MAX 2007 conference as well further comments on the Sneak Peek and General Session topics.

Time:
After Special Session (Sneak Peek) of 1st day (Nov. 1)
2 hours (around 20:40 – 22:40)
Place:
MAX site (HOTEL NIKKO TOKYO)
Room# will be announced.
Drink / Food free (stand-up meal)
Capacity: 150
Registration:
From Each User Group Web

FxUG
http://www.fxug.net/modules/bwiki/index.php?AdobeCommunityUnited%40MAXJapan2007
JCFUG
http://coldfusion-style.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=97&forum=5
Flash Gadget User Group
http://gizmo.anthill.jp/fgug/modules/bwiki/index.php?Adobe%20Community%20United
Flas-OOP
http://www.flashoop.jp/2007/10/max_japan_2007adobe_community.html
# If you need any assistance for registration by Japanese, please comment about this.

Attendees:
1st day of MAX: Free  
Details:
Speakers and visitors from Adobe U.S. will be in attendance at this event. There is no specific agenda for the event. The format will be similar to a Birds of a Feather session where attendees are free to exchange their ideas. If you have any specific topics that you would like to be discussed, please inform us in advance.

We hope to see you at this special event.

Adobe MAX Japan 2007 (Speakers from U.S.)

Many guys in Adobe Community ask me about Adobe MAX Japan 2007.

There is no Ja to En translation sessions, but are many English Speaker’s session.
Kevin Lynch, Chief Technology Architect
Ben Forta, ColdFusion Evangelist
Jonathan Herback, Group Product Manager, Business Productive Business Unit
Ted Patrick, Platform Business Unit Evangelist
John Resig, Mozilla Corporation, JavaScript Evangelist
Bill Perry, Mobile and Device Developer Relations Manager
Ralph Hauwert, Papervision3D
Adobe UX team
And more !

“Technology sneak peeks” and “meet the team” style session is planning, too.

When Final info is available, I will post about this here.

Adobe AIR update Beta 1 for Flash CS3 Professional

labsでAdobe AIR update Beta 1 for Flash CS3 Professionalがリリースされていました。これでFLEXが性に合わない人もAIRに触れる機会が増えそうです。

別の書き込みでも書いたのですが、AVM2しか動かしたくないのでAS3でGoto and Play的な書き方を模索しています。DW用やFL用などそれぞれの環境で直接AIRをパブリッシュできる環境がリリースされている一方で、それぞれが連携する方法についてはあまり考えられていないように思います。(私はDWの人、あなたはFLEXの人、というような。。。)AIR開発でも無理なく様々なロールが協力可能な開発体制を模索していきたいと考えています。

FLEXを継続的に更新する公開系サイトで利用する

FLEX2を利用したサイトを考える場合に、クライアントサイドのフレームワークとして利用する事が検討されるケースが多いのですが、その際に 入れ子になる.swfを複数社で開発する事が望まれるケースがあります。そんな時、ActionScript3で開発する事がネックになって単純なアニメーションでも話が先に進まないことはあるようです。Goto and Playな状態で使うCS3について確立したパターンが欲しい所ですね。じつは良い本とかあるのだろうか?

Generated XAML for Silverlight

SilverlightとFlashってどう違うんですか?という質問をこのところ色々な方から幾度となく聞かれるわけですが、.NET Frameworkが利用できてC#で開発できるとかそういう開発者向けの差異ではなく、ユーザー企業に向けてわかりやすい違いがあるとするならば、現時点でのHD映像の利用(Flash Playerもアップデート予定ですね)と、XAMLのランタイムパースぐらいではないかと思っています。もしかすると今後パフォーマンスでの差が出てくる可能性がありますが、今のところベータ版だったりするSliverlightと比べても仕方ないでしょう。

個人的に大きな意味があると考えているのはSilverlightがランタイムでXAMLをパースして実行することで、単純なXMLが生成できるどのようなサーバテクノロジーであってもSilverlightアプリを動的に生成できることになります。そうすると、ユーザーが利用する瞬間には静的になるものを夜中にでも動的に生成してしまっておくことが出来るので、パフォーマンスなどの観点で有利になります。生成を前提とした半動的なサイト構成が可能になりそうです。CMSなどとの相性も良いでしょう。また、XAMLが静的なファイルであればSEO/SEM的にも「サーチエンジンに喰われる」ようになっていくことが想像できます。

機能にまったく差がないとすれば圧倒的なシェアを持つFlashが優勢なんですが、特にWindowsでのシェアについては一気に巻き返す可能性がありますし、開発する側としては「取り得る選択肢」として早期にとらえておいたほうが良いと思います。 

Semi-Dynamic web architectureOriginally uploaded by Ken Azuma