Build 2014 : Day 1-1 Windows Phone

ついに今年の Build が始まります。まずは初日の Keynote です。いつものごとく DJ を呼んでかなりのボリュームで音楽を流し続けており、朝から盛り上がります!(個人的にはラスベガスでの MIX を思い出します。)

TerryMyerson

Operating Systems Group の EVP である Terry Myerson が仕切り役となって始まりました。Keynote は day 1 と day 2 の2回がありますが、初日は Devices & Services / Mobile first, Cloud first といったビジョンステートメントでいうところの Devices / Mobile に特化した話となりました。私としてもクライアントサイドの話は主戦場でありますので、大変期待している内容でした。マイクロソフトの全てのプラットフォームに携わる者が目指していることは、関わっていただいている全てのパートナーや開発者をモチベートし、「your creativity come to life : 皆さんの創造性を輝かせること」である、と話していたことが冒頭では印象的でした。

JoeBelfiore

まずは Mobile first の先鋒として Windows Phone について Joe Belfiore : CVP, Operating Systems Group が詳細に伝えています。 彼は以前から Windows Phone の顔役といった感じですが、出世して担当範囲が広くなった今でもやはり彼が話さないと始まらないといった感じです。特に新興国などでのビジネス的な成功や新たなパートナーシップについて伝えたのち、メジャーアップデートになる Windows Phone 8.1 について話しています。Windows Phone について「最もパーソナライズドされたスマートフォン」と位置づけ、 More personal, tailored (もっとパーソナルに、仕立てられた) 体験を意識して開発されたとのことでした。

ActionCenter
[command center]

InteractiveLockScreen
[Interactive Lock Screen]

BackgroundTiles
[image live tiles]

これまで以上にインタラクティブなロックスクリーンテーマの導入や、タイルカスタマイズなどが発表され、その後「She comes to life」という発言が出た時に会場の多くの人たちが次に起こることに気づいてざわめいていました。噂されていた Cortana の発表です。 iOS における Siri の位置づけに当たるものと思って間違いありませんが、大きく違うのは Bing と連携することによってユーザーの指向性を把握しており、よりアクティブなパーソナルアシスタントとして振る舞う事だと話していました。(もともとは Halo というゲームに出てくる AI の名前です)開発にあたっては、実際にパーソナルアシスタントとして働いている人々にインタビューを行い、良い仕事をするために何が必要なのかをリサーチした結果を反映しているとのことでした。(その過程も気になるところです)Beta 版とのことでしたが、かなり認識率も高く(確認できたのは英語だけではありますが)きわめてスムーズな言葉で回答を返していました。Windows Phone に内蔵された通知機能と連携して、場所やスケジュール、人と関わるタイミングなどでタイムリーな通知を行うというデモが行われています。Bing と連携をし、かつパーソナルな情報を Phone で保持することによってアクティブにサポートしてくれるパーソナルアシスタントとして開発されているようでした。

Cortana
[Cortana]

notebook
[Cortana’s notebook]

interests
[interests]

QuietHours
[quiet hours]

Places
[places]

FOundFlightInEmail
[メールの中から旅程を見つけてトラックするかどうかを聞いている]

ScheduleConflict
[スケジュールコンフリクトを知らせている]

findRestraunt
[Bing の検索結果と合わせて四つ星レストランを検索]

Siri との大きな違いは、 Cortana が サードパーティアプリケーションでも利用できるという事でしょう。具体的な API がどうなっているのかなどについては Keynote では触れられていませんでしたが、 Hulu でウォッチリストに動画を追加したり、Facebook で特定の個人のタイムラインを閲覧することなどをボイスコマンドで行っていました。個人的にも音声インターフェイスによるアプリケーション操作については大変興味のあるところなので、これを開発に組み込めるとしたら大変素晴らしいことだと思います。(できれば Windows 8 でも使えるようになってほしいですね。)「競合」とは違って、ローエンド端末を含む全ての 8.1 アップデート対応端末で利用できるとのことでした。 Cortana は当初はUSからBetaが始まり、その後UK、中国と開始されていくとのことでした。(日本でどうなるかは不明です)

3rdPartyApps
[3rd party apps]

また、ビジネス利用についても力を入れていることが発表され、 Enterprise VPN への対応、 S/MIME への対応によるセキュアなメール利用、 MDM によるローカルコピーの禁止制御などがデモされていました。その他にも細かい機能への対応として、適切な Wifi を案内する Wifi sense や Word flow keyboard 、設定情報のデスクトップとの同期や IE11 などが発表されていました。実際の市場への投入は今後数か月をかけて行われるとのことです。

nickHedderman
[Nick Hedderman]

WordFlowKeyboard
[wordflow keyboard]

この後発表されているユニバーサルアプリも考えると、Cortana など個人的にも利用したくなる機能もあり、日本での投入が期待されるところです。(続く)

Build 2014 : Day 0

本日より一週間 Microsoft Build 2014 に参加しています。4月1日出発で1日到着、到着当日はレジストレーションなどを行ってから弊社ブースの確認などを行って行きます。(このエントリーはサンフランシスコに向かう機内で書いたものです。)

今回は CEO が Satya Nadella 氏になってからの始めての Build ということで、諸々のメッセージに違いが出てくるのかどうかが気になるところです。もともと、Windows 8のリリースに伴ってこれまでの PDC や MIX を統合して始まった Build ですが、当時の Steven Sinofsky の意向が強く現れていたことは間違いありません。これで四年目の参加となりますが、個人的には昨年あたりはマイクロソフト内部がバタバタしているのが現れていたような気がして、いつもの世界各地から集まる仲間との同窓会としては良いものの、イベントとしては多少勢いを失っていたように感じていました。

自らもハードコアデベロッパー出身であると公言するSatyaが、どのようにこの最大のデベロッパーカンファレンスに合わせた用意をしてくるのかとても興味があります。

気になるアイテムとしては :

  • 次期 VisualStudio 及び VisualStudio Online
  • XBOX Oneでのアプリ開発
  • Kinect 関連
  • Windows RT と Windows Phone に関する動向

などが挙げられます。ただし、これらを超えて気になることがあるとすれば、Windows 8.1 アップデートにおいて既存ユーザーに譲歩したように思える OS 全体の体験デザインがどのような方向性になって行くのかということです。常々私は、Windows 8 は NUI 時代への入り口における、Windows 3.0 のような存在であると考えています。新しい標準が浸透する前に既存環境も含めたサポートが必要になる世代であり、どちらの世代にとっても橋渡しゆえの中途半端な状態ではあるものの、次世代に至る道のりにおいて大変重要と考えています。個人的にはWindows 8.1 アップデートが Windows 3.1 のような大きなマイルストーンで在るとは思えていないので、今後につながる重要な発表があり、今後 NUI 世代においての Windows 95 にあたる存在を少なくとも期待できる何かがあることを期待して止みません。

アプリとして、手書きをしっかりサポートできるものがiOSに比べて圧倒的に少ないことも気になります。ちなみに、今回はiPad Air と Surface 2 しか持ってきませんでした。どこまで作業可能であるかの実験でもあります。

などなど書いておりますが、もちろんシンプルにイベントを楽しむつもりでいますし、毎年ここでしか会えない人たちとの再会も楽しみです。 今年はBLOGが途中で力尽きないように頑張りたいと思います!それでは四日間、よろしくお願いいたします!

もう Windows Forms で UI を開発することは難しいのでしょうか?(1)

仕事柄、お客様からは利用するべき UI テクノロジーの選択について相談を受けることがよくあります。なかでもよく聞かれるのが、「リッチな UI を作るのであれば、もう Windows Forms を使うべきではないのでしょうか?」といった質問です。

もちろん「リッチ」の定義にもよるのですが、多くの場合要件を細かく聞いていくと「特に Windows Forms で開発しても問題ない、むしろ望ましい」と考えられるケースが想像以上に多いことがわかっています。UI テクノロジーの選択の基準はいくつかありますが、第一に要件に対するフィット感を確かめ、次に現在保有しているスキルセットとの連続性を考えることになります。そのため、要件的に十分であった場合には、現在利用しているテクノロジーを利用するのが最もリスクの低い行為であり、歴史の長い Windows Forms においては未確認のバグもほとんど無い状態でテクノロジーが枯れており、都合の良いことも多いのです。

リッチ UI に対して寄せられるニーズは大きく下記のようなケースが大多数を占めます。

1.スタイルを適用したい
2.柔軟なレイアウトを行いたい
3.利用したい UI コントロールが無い/機能が不足している

もし上記のような理由でWindows Forms の採用をやめ、別のプラットフォームに移行しようとしているのであれば、一旦弊社のコントロール製品である NetAdvantage For Windows Forms をぜひ一度ダウンロードいただき、実現できる機能をチェックしてみてください。弊社の製品の中でも最も歴史が長く、多くの市場からの要望に応えながら今日に至っているだけに、多くの良くあるニーズを満たすことが可能です。

トライアル版をダウンロード!

それでは順を追って課題を見ていきましょう。まずはスタイルです。

ユーザーインターフェイスに一貫性や統一感をもたせるにあたり、利用されているコントロールに対するスタイル設定はとても重要であり、iOSに代表されるなどの影響もあって現在注目されている領域です。多くの業務アプリケーションではデフォルトの状態のコントロールが使われていることが多いのですが、スタイル設定によって「仕上げ」処理を行うことにより、クオリティはずいぶん違って見えることも事実です。ここで問題になるのは、「設定できることがわかっていても時間をかけることが難しい」と判断されていることが多いことです。iOS や Windows Phone を例にとって考えみると、コントロールに適用されているスタイルはしっかりと一貫性を持っているため、利用していて非常に統一感を感じますが、スタイルデザインは単純な一枚絵を作るよりもずっと複雑な作業になります。

例えば、ボタンはmouseOver などのイベントに対して幾つかの状態を持っており、それぞれに対してボタンの形状や色の設定を持っている必要があります。かつ、通常はラベルを設定できるため、可変長の文字列を内包できるようにしなければなりません。XAMLならばかなり細かくこれらの設定を行うことが可能ですが、それでもなかなか骨の折れる作業となります。

そこで、もう少し手軽にスタイル設定を行う方法が望まれることになります。弊社では Windows Form で利用可能な AppStylist というツールをご提供しております。このツールを利用することで、用意された多くのプリセットのスタイルライブラリを適用することができ、スタイルライブラリの内容に変更を加える形で新たなスタイルライブラリを作ることも可能になっています。詳細は下記のBLOG記事を御覧ください。

アプリケーションデザインツール NetAdvantage AppStylist ご存知ですか?
NetAdvantage AppStylist ご存じですか? その2


[ AppStylist ]

AppStylist 自体はかなり細かい設定を行えるツールです(画面キャプチャをみていただければ多くの設定項目があることがわかります)が、2011 Vol.2 では新たに Office 2010 Black / Silver というスタイルライブラリも追加し、たくさんのスタイルライブラリを利用することができます。これらをそのまま使うもよし、少しだけ変更して使うもよし、というところですが、まずは「IG」というスタイルライブラリから確認してみてください。このスタイルライブラリは比較的最近用意されたもので、弊社のデザインチームがゼロからデザインしているものになります。Windows Form / Web / XAML それぞれの製品で同じデザインのスタイルライブラリを適用できるように用意していますので、まずはこちらをベースに検討されてみてはいかがでしょうか。

再掲となる部分も多かったのですが、今後しばらくは Windows Forms に再びフォーカスをあてて、スタイル以外にもレイアウトやコントロール利用の観点から掘り下げていきたいと思います。お楽しみに!

新年明けましておめでとうございます!

皆様、新年明けましておめでとうございます。インフラジスティックスに参加してようやく4ヶ月が経過しました。昨年いっぱいは様々な準備を行う一年となりましたが、皆様のお陰で無事第一回の UX ワークショップも開催することができ、感謝の気持ちでいっぱいです。旧年中は本当にありがとうございました!新年早々ではありますが、いくつかお知らせがございます。

無償セミナー「その UI 開発、新時代を戦えますか?~今から始めるマルチデバイスアプリ・タッチアプリ開発~」

2012年ですが、おそらくWindows 8 もリリースされることになり、これまでの iOS や Android に牽引される形となったスマートフォン/タブレットに代表されるマルチデバイスの需要がさらに喚起される年になるのではないでしょうか。このような状況を踏まえまして、弊社では新年早々ではございますがその UI 開発、新時代を戦えますか?~今から始めるマルチデバイスアプリ・タッチアプリ開発~と題しまして、日本マイクロソフト様と共同でセミナーを開催させていただくことになりました!既にお客様向けのメールでの告知を開始しておりますが、年末に開始したにも関わらずかなりの勢いで席が埋まりつつあります。ご興味のある方は是非早めのお申し込みをお願いできればと思います。

私も最初のセッションで話をさせて頂きますが、当日はマイクロソフト様からも講演をいただき、弊社からも後二人、おなじみの池原と、普段サポートの担当として活躍しております三田が「NetAdvantage の現在と未来」というタイトルで、弊社主力製品のロードマップや方向性も含めたお話をさせて頂きます。サポートの経験から来る生々しい話題も飛び出すかもしれませんので、是非皆様お誘い合わせの上ご参加くださいませ!

「Developer Summit 2012」セッション講演「UI のこれまでの10年とこれから」

また、2月16日(木)・17日(金)の二日間で開催されます、「Developer Summit 2012」におきまして、Mobile Technology トラックのオープニングトラックとして「UI のこれまでの10年とこれから」と題し、これまでの10年間を振り返りつつ、今後の UI の流れを考えていきたいと思います。初日最初のセッションということで少々緊張しておりますが、私もこの転機にて振り返る良いチャンスを頂いたと思い、色々と情報を整理しております。先ほどサイトを確認してみたところ、既に残席が「僅か」という状態になっておりました。ご参加いただく皆様、ありがとうございます!今回のデブサミは10周年ということもあって大変素晴らしいセッションがたくさんあります。これを読んでいただいている皆様と実際に会場でお会いできるのを楽しみにしております!

次回 UX ワークショップ、2月の23日(木)24日(金)の2日間で開催

告知が続いておりますが、最後!第一回を無事開催させて頂きました「UX ワークショップ」ですが、次回の第二回を2月の23日(木)24日(金)の2日間で開催させていただくことが決まりました!前回ご参加いただきました皆様からは、「日頃意識できていない点で考えることが、とても重要だと感じました。失敗を上げた後で考え方を整理するとその失敗は防げると気づくことができ、とてもよかったです。」「UX,UIの定義についてわかりやすかった。今後のUI設計について非常に参考になった。」というような、良いフィードバックもいただくことが出来ました。次回もしっかりと準備をして実施したいと考えておりますので、是非ご検討くださいませ。

time PIE between you and your customer

最後に、新年に気を引き締めるべく、本社訪問時にホワイトボードに書かれていた「心得」を掲載します。私達の製品やサービスに咲いていただける時間は皆さんの貴重な時間のほんの一部であり、頂いた時間を無駄にしないように、多くの価値を届けられるように2012年も頑張ってまいります。

新年早々の告知三連発でしたが、今後このブログの記事につきましても、後から振り返って意味のあるような内容にするべく、一層の充実を目指していきたいと考えておりますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします!

 

 

Metro : Windows Phone から Metro を考えてみる(2) – Windows Phone Design Day–(5)

今回も引き続き Windows Phone Design Day のネタをお届けします。このネタで既に5回目なので、リンクをしておきますね。

Metro : Windows Phone から Metro を考えてみる(2) - Windows Phone Design Day – (1)
Metro : Windows Phone から Metro を考えてみる(2) - Windows Phone Design Day – (2)
Metro : Windows Phone から Metro を考えてみる(2) - Windows Phone Design Day – (3)
Metro : Windows Phone から Metro を考えてみる(2) - Windows Phone Design Day – (4)

今回は  “perceived performance” = 見かけのパフォーマンスに関する話題になります。多くのアプリケーション開発ではパフォーマンスを高くするにあたって色々な悩みがあると思います。レスポンスを「即時に」するという仕様は「言うは易し行うは難し」で、特にネットワークを経由したアクセスを前提にしている場合にはどうしてもユーザーを待たせることになってしまいます。その時、どううまく待ってもらえるかがとても大事になります。

perceived performance
[ Perceived Performance ]

100 ms 以下(ボタンタッチ時の挙動など)、500 ms から1秒(リストビューでスワイプした時の Pivot アニメーションなど)、2秒以下(アプリのローディングやメールが飛んでいくアニメーションなど)、2~5秒、5~10秒、10秒以上、もっと長いプロセスと分けて説明していて、2秒以下のものは基本的に Built in common controls に挙動を任せています。適切に UI がフィードバックを返していなければ、デバイスが活きているのかどうかもわからないと感じるものです。メトロの原則にもあるように、アニメーションなどをうまく利用してデバイスが活きていることを伝え、結果として見かけ上のパフォーマンスを高く感じさせます。なんの反応もなく2秒待つことは経験的にもどのユーザーも相当イラッとしますね。w

waiting type
[ Perceived Performance (Cont.) ]

もう少し問題なのは2秒以上待つようなケースです。このようなケースではローディングのためにプログレスバーを出すことになりますが、5秒までなら短時間であるとしてプログレスバーのみ、10秒までなら「%」表示、それ以上の場合は「サーバに接続しています」「データを取得しています」などのサブステップを見せるようにする、などの工夫が必要になるとしています。10秒以上のケースではユーザーはとにかく何が起きているのか不安になりますから、その時点でなにが進行しているのか知らせる必要があります。(場合によっては処理をキャンセルする可能性もあるわけで、その時何が起こるのかも一緒に設計する必要がありますね)

古くは「砂時計」が有名な待たせるモーションでしたが、最近 SAMSUNG の Windows 8 スレートを使っていて気づいたのが、HDDのアクセスランプがないために、何が起こっているのかわからないケースがありました。無意識にアクセスランプを見て、ガリガリと何かやっているな、ということで納得していたのでしょう。タッチインターフェイスになって、より一層全てをダイレクトにユーザーが感じるようになった時、アプリケーションが適切に「頑張っています」「悩んでいます」「誰かの応答を待っています」と伝えてくれなければ、固まってしまったと感じ、その体験が「パフォーマンスが悪い」というイメージの固定化を招いてしまいます。そうならないためにも、適切なモーションを利用するようにしましょう。2秒以下の状況で使うものにも、メールのアニメーションのようにそれぞれのアプリケーションでは工夫の余地が出てくると思います。

Windows Phone Design day では、この他にも様々な話題が取り上げられていました。

Designer insights into Panorama and Pivot ( Chad Roberts, Amy Alberts, 32:18)
→Pivot と Panorama に関する詳細な説明です。
Making Audio Sing on Windows Phone (Matthew Bennett, 34:26 )
→音とアプリケーションの関わりに関する説明です。
Windows Phone Voice ( Karen Kesler, 32:00 )
→セールスやマーケティング的な側面でどのようなメッセージングを行うべきかという話題について説明しています。
Designer Resources: Expression Blend Overview and Roadmap ( Celso Gomes, Peter Blois, 41:20 )
→Blend で WP7 アプリケーションを開発する流れに関する説明です。 
Designer Resources: Windows Phone Documentation ( Chris Kilbourn, 11:18 )
→用意されているガイドラインなどのドキュメントに関する説明です。
Designer Resources: Windows Phone Design Templates ( Chad Roberts, 04:01 )
→.psd で用意されているデザインテンプレートに関する説明です。

かなりたくさんの情報がありますね!Windows Phone 7 はマイクロソフトがとても力を入れているプラットフォームですから当たり前といえば当たり前ですが、これが次期 Windows となればもっと情報は充実してくるでしょう。このとき、タッチファーストであるが故に既存のアプリケーション開発での留意事項と異なることが出てきます。このようなことに対処するためにも、Windows Phone 7 を使ってウォーミングアップをしておくと、スムーズに新しい世界に入っていけるのではないかと考えております。

ここまでお読み頂きました皆様、是非弊社の NetAdvantage for Windows Phone もチェックしてみてください。現行のリリースもたくさん役に立つコントロールがありますが、近々リリースさせていただく11.2においては、Google/Facebook/Windows Liveを利用したアクセスコントロールや、Silverlight では既に提供しております、コントロール設定を維持するための Persistence Framework など、新機能がたくさん追加されます!(現時点ではあくまで予定です。近日中に詳細な情報が弊社BLOGなどで公開されます。)これらのコントロールも活用していただいて、AppHubが賑やかにしてやりましょう!