[books]Hackers and Painters : Big Ideas from the computer age


デザインとデベロップメントの関係に言及しているという意味でも非常に有名な本ですが、著者自身ハッカー(もちろん、悪い意味ではなく)でありながら成功している経営者であり、美術学校で絵画すら学んでいます。実存の成功者から語られる「技術者の気構え」はその書き口以上に重く、成功のために立ち止まることを許しません。「ものづくり」を愛し、極めようとする技術者の特性はいまさら私が書くようなものではありませんが、よく物語に出てくるような「田舎で隠遁生活を営む孤高の鍛冶屋」であっても日々の生活の糧のために鍬を作らなければならないし、ユーザーを獲得する必要があります。別のパターンで画家のようにパトロンを見つけるという手もありますが、いずれにしても「一流であること」が先に求められることは間違いなく、技術者が自らを先に一流であると位置づけて(生活を含めた)戦略を立てることにはリスクがあると思われます。色々書きましたが、読んで噛み締められる一冊だと思いました。特に現場で戦っている技術者にお勧めです。