Japanese version of “the new iteration”

マイクロソフトが様々なエージェンシーにインタビューした結果を踏まえて、デザイナー/デベロッパーワークフローについてまとめた「the new iteration」が、日本語訳されました。(邦題:新しいイテレーション型開発)アズマもインタビューを受けた一人でして、名前が出てきます。とてもよくまとまった内容だと思いますので、MS-UXテクノロジーに興味がある方だけではなく、Adobeテクノロジーにかかわる方にも是非一読いただきたい内容です。

I’m speaking at Developer Summit 2008

2008.02.13(水)〜14(木)で開催されるDeveloper Summit 2008にて、「RIA開発におけるデザイナー/デベロッパー協業のワークフローについて」というタイトルで講演することになりました。

ワークフローは持ちネタでもあり、これまで多くの所で話をしていることもありますので、初めて来られた方にも何度かお話を聞いている方にも楽しんでいただけるような内容にするのはかなり難しいのですが、今内容を煮詰めている所です。出来るだけ新しいネタに対応しつつも、特定のテクノロジーに依存しない視点でのお話をさせていただこうと思っております。13日の朝一の枠なんですが、裏にJoelとか平鍋さんがいらっしゃいますのでまだまだ席は空いております!お時間のある方は是非お立ち寄りください。

REMIX 07 Tokyo 無事終了しました

無事REMIX 07 Tokyoが終了しました。参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。セッションの方はあまりテクノロジーの話ではありませんでしたが、会場のみなさんの反応が結構良かったのでこちらがびっくりしました。思った以上にユーザーエクスペリエンスへの期待が高まってきている現れかも知れません。
セッションの資料を.pdf化したものをアップロードしました。話のメインの部分は出せないものが多いですが、ご質問などお待ちしております。

Adobe AIR update Beta 1 for Flash CS3 Professional

labsでAdobe AIR update Beta 1 for Flash CS3 Professionalがリリースされていました。これでFLEXが性に合わない人もAIRに触れる機会が増えそうです。

別の書き込みでも書いたのですが、AVM2しか動かしたくないのでAS3でGoto and Play的な書き方を模索しています。DW用やFL用などそれぞれの環境で直接AIRをパブリッシュできる環境がリリースされている一方で、それぞれが連携する方法についてはあまり考えられていないように思います。(私はDWの人、あなたはFLEXの人、というような。。。)AIR開発でも無理なく様々なロールが協力可能な開発体制を模索していきたいと考えています。

[books]アートオブプロジェクトマネジメント


著者はマイクロソフトでInternet Explorerなどの大規模なプロジェクトをリードしていた人です。書籍の内容については細かい手法が書いてある訳ではなく、心構えや人間系のコミュニケーションの話などが中心になっています。400ページ超の規模ですから読み切るのには一苦労であありますが、「優れたビジョンを記述する」「アイデアの源」といった章については、エクスペリエンスデザインに通じる事も多く、お勧めしたい所です。(この2つの章だけで50ページあります!)当たり前のように書かれているものの実行になかなかいたらないものと感じたのは「3分の1ルール」というものです。すなわち、設計/開発(おそらくTDDレベルのテストを含む)/テストを3分割の重み付けで考えようというものです。現実的に品質を高めようと考えた場合には最初と最後にどれだけ時間を割り当てられるかが大事になりますね。

Microsoft Expression Blend Beta1日本語版が出ました

Microsoft Expression Blendのβ版がリリースされました。デザインワークフロー的な視点から言えばバージョン1としてはなかなかの出来だと思います。

細かいところではまだまだ注文がありますが、出来るだけたくさんフィードバックして製品につなげたいですね。