@IT記事:“WPF/E”開発を体験してみよう!

http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/insiderseye/20061221wpfe02/wpfe02_01.html

情報が少なかったWPF/Eもようやく記事などが出始めました。とりあえず一読されることをお勧めします。まだまだツールのサポートが追いついていませんが、Expressionが頑張れば面白い展開になることでしょう。まずはランタイムで雰囲気をつかんでみることをお勧めします。

ツクルという言葉

「創る」なら、創造やイノベーションを想起し、「作る」ならば一般化した作業やコモディティを想起する。にもかかわらず、おなじ「ツクル」と読む。それらが表裏一体であることの現れだろう。日本語万歳!