Apollo mini camp @ Tokyo and Metabo Camp

Apollo mini camp @ Tokyo、とても盛況でしたね。結局、250人もいれたらしいです。すでに色々とプレス記事も出ています。

http://www.thinkit.co.jp/free/news/0705/24/2.html
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/05/24/apollo/index.html
http://www.atmarkit.co.jp/news/200705/23/apollo.html
http://codezine.jp/a/article/aid/1367.aspx

Danielから初公開のbetaの紹介もあり、内容としても盛り上がりました。質問の流れなどは人数も人数なので聴きたい方向性がばらばらになる傾向はありましたが、あれ以上は細かいコミュニティイベントなどで拾えばいいかなぁと思いました。

久しぶりに会う人もたくさん来ていて、Adobeコミュニティでのつながりを実感しました。

実はイベントに合わせてApolloのアプリを作っていて、公開しました。ソースも上がっているので良かったらご覧下さい。Apolloapps.comにも上がっています。(とはいえ、私は勝手にアイデアを出していただけで、同僚のEijiさんが作ってくれました。ありがとうね!)

セカンドファクトリーからのプレスリリース

Metabo Camp – Apollo App for ‘Metabolic-Geeks’

source code of metabo-camp (alpha – 0.8)

ファイルアクセスとか、サービス連携なども行っているので、Apolloらしさみたいなものを体験できる感じになっています。感想など頂ければ幸いです。

BLOGを整理中

一番長くやっているのはやっぱりhttp://www.coldfusionlab.com/blog/なんですが、最近は直接編集することはなくてhttp://syncrare.vox.com/をRSSでリンクしています。これに会社のBLOGとYakinikuGeeksがあるのでちょっとどこに何を書くのか分からなくなってきました。整理しまーす。MXNAはcoldfusionlab.を見てくれているから、こちらに集約できるようなCFプログラムを書けばいいかな。

Apollo mini Camp @ Tokyo : 決定

Apollo mini camp Japanの続報です。確認の結果、下記のように決定しましたので連絡します。

・名称:Apollo mini Camp @ Tokyo
・日時:2007年5月23日 18:00〜20:00(予定)
・場所:ゲートシティ大崎 ゲートシティホール
  http://www.gatecity.jp/access/index.html
・対象:Apolloでのアプリ、コンテンツ開発を志向している
    デベロッパー、クリエイターの方々(もちろん、Flash/Flex/HTML問わず!)
・定員:150名(無料)

#参加申し込みについて未定らしいですが、分かり次第告知します。

・内容
 - Mike Chambersが直接Apolloの最新情報をお伝えします! + Demo有り
 - 更にDaniel Dura も来るらしいです。
 -  開発者の皆さんからMikeに質問できるセッションを持つようです。
  通訳有りです。なので、あらかじめApolloを触っておいて質問を考えておいた方が良さそうです。
 - 「Apolloって何?」というレベルで知りたい方には、7/10のApollo Developers' Nightという
  イベントがあるらしいのでそっちの方が良いかもしれません。
 - 濃い内容になるんじゃないでしょうか!

#当日披露するものを用意しておきたいですね!

Apollo camp Japan

実はU.S.でMIke Chambersに会ったのですが、Apollo Campを日本でやることを計画しているようです。韓国のサミットでも来日のタイミングがあるということで話をしていました。現在詳細を確認中なんですが、おそらく05.21の週になるんではないかと思います。(私のヒアリング能力に依存した情報ですが。。。)U.S.ではかなり盛り上がったミーティングだったようなので、楽しみですね。

vista英語版を使う

mix07でもらった英語版vistaをparallelsにインストールしてみた。bootcampパーティションにある日本語版vistaにはorcasがうまくインストールできたんだけど、parallelsのXPにはうまくいかなくて、vista英語版を入れてみました。

結論から言うと、英語版でもなんの問題もない。後で言語パックで日本語を入れれば日本語版と全く同じになるし、インストールが日本語利用の為に一段階面倒なぐらいで他はなんも変わらない。それどころか、英語環境でも勝手にIMEを入れてくれたり、ロケールも正しく認識していて、なかなか良くできていた。OSXの言語環境みたいな感じかな。(そう思うと、遅いよ!ともいえるが)

orcas入れて、blend2入れて、silverlight環境をこっちにも作っておかないと、いちいちbootcampで面倒だ。orcasだとVS2005にごそごそ入れるよりも環境構築が楽でいいな。(でも、世の中はもううまくVS2005にアップグレードしてるのかな?いまだに古いバージョンの人もいそうだけど、カンファレンス的にはβ入れてみようね、ってのりだったな。)