Using iPad2 : tablet device = UI for cloud

遅ればせながらいiPad2を購入し、色々と試しているところです。数日使ってみた実感としては、かなり素晴らしい、game changing device だと感じています。フォームファクター、スピード、ハードウェアパフォーマンス、どれもこれまでに無いレベルです。

このデバイスをアランケイのダイナブックになぞらえる人も多いのですが、かなり近いところまで来ている感じがします。有名なスケッチがあるのですが、あの絵に書かれていた利用シーンに最も近い状態ですね。

後は多くの人が言及しているように、HyperCardにあたるものが出てくれば、論文で想像されていたことのほとんどが実現されますね。考えてみれば当時はWebだって無かったわけだし、今ならどんなツールが出てくるのか、本当に楽しみです。ProSumerが現実になった時に、どんなUXがそれを助けるかを思い描いているところです。

DropBoxのようなアプリを使っていても、今後のcloudサービスの顔としてのTablet deviceの可能性を感じます。ようやく、クライアントになんでも置いておくことが終わるのかもしれませんね。

SODEC/ESECへご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

先日のSODEC/ESECにおけるセミナーに受講いただきました方、セカンドファクトリーのブースにお越しいただきました皆様、本当にありがとうございました。(片手ながら)なんとかセミナーも終えることができ、ブースにもたくさんの方に来ていただくことができました。セミナーのアンケートの集計結果などが今から楽しみです。

今年は「Touch&Cloud」をテーマにやらせていただきましたが、お客様の反応やご質問いただく内容からも、IT利用の環境が大きく変わっていくことを実感いたしました。入口に必ずユーザーインターフェイスがある以上本質的な部分は変わりませんが、裏側に広がるアーキテクチャは大きく変わることになります。ユーザーにはうまく意識させずに、どれだけスムーズに新たな時代に対応していくかが勝負になりそうです。

今後も少しでも皆様のお役にたてますよう頑張ってまいりますので、なにとぞよろしくお願いいたします!

BK行ったその後の話、手首があれで、の巻

あれから一週間以上たつのか、色々な意味で昨日のようにも思えるのですが、5月5日にBKライディングスクールに行ってきました。ご存知の方も多いかと思いますが、結果として負傷して途中から見学しておりました。。。そのあたりも含めて書いていきます。

当日はいつものBuell仲間+以前も千葉へご一緒したドカモン小金井さんとともに合計5台で「自走」して白糸スピードランドへ向かいました。(この自走が後で大変になるんですが。。。)当日は天気も良く、皆様すでにやる気満々の臨戦態勢で集合です。革ツナギじゃないのは私だけでした。

IMG_1574
<東名海老名でみんなを待つの図。いつも通り早すぎました。>IMG_1575
<途中のコンビニにて。田中さんのアレンネスのつなぎは目立つなぁ!>

会場の白糸スピードランドまでは、東名を使えばあっという間に着きます。途中コンビニで昼ご飯を買ったぐらいなので、すぐに着いてしまいました。

IMG_1577IMG_1579
<白糸スピードランド。小さいけど起伏に富んだコースです。そして練習に使うVTやSpada。よく走るんですよね。>

到着してしばらくすると座学が始まり、鈴木先生、ノア先生、中尾先生からお話。一通り聞いてからクラス分けがあって(初回はCクラスになります。)、Aクラスから順にステップワークなどから周回を始めます。やっぱり、Aクラスの人は非常にスムーズでした。私もなんとかこなして、しばらくドリルが続いた後で、サーキットの一部をオーバル的に使って周回を重ね、ブレーキングのポイントなどを練習していくことになりました。佐々木さん/田中さんとの3名で臨んだのですが、ガリガリと膝が擦れているものの「このままであれば、膝が擦れていること以外に何も起きません。メリハリをつけて、しっかりとブレーキングしましょう。」ということになり、緩急をしっかりとつける練習をしていました。で、途中までは調子よく進めていて、素直にできるようになっていますね、などと言われ調子に乗ったのか、ブレーキ操作に失敗して前のめりにぶっ飛んでしまいました。。。

当時の状況ははっきりとは思い出せない感じですが、ハイサイド気味になったのだと思われます。ぶっ倒れてしばらくして右手首の異変に気づき、まずは水道で冷やすなどしてみたものの痛みが取れず、近くから来ていた方の好意で病院まで連れて行ってもらいました。病院はサーキットに近いこともあって「また無理した奴が来たか」というような慣れた対応!レントゲンを撮られ、手首が折れていることが判明いたしました。。。

なってしまったものは仕方ないということで、午後は見学です。この段階では腕を吊っている状態でした。困ったのは愛車のBuellです。自走してきていて、借りているSpadaで転倒しているのでBuellは無傷、しかしそうなると車両にかかっている保険ではロードサービスなどの手当てを受けることができず、困ってしまいました。現地に預ける方法もなくはなかったのですが、先生の一人のノア先生が「どうしようもなく困ったら言ってください!トランポあるから。」と言っていただいて、最終的にほかに方法もなくお言葉に甘えて載せていっていただくことになりました。

そんなこともあって、先生方と一緒に帰ることになり、食事もご一緒させていただいて、道中ノア先生とはバイク談義をずっとしながら、結局自宅まで送っていただきました。ノア先生、本当にありがとうございました!佐々木さんにも手伝ってもらってなんとか駐輪場にBuellを入れて、次の日に近くの病院に行き、再度検査を受けます。

IMG_1580
<帰宅した晩の状態。>

そうしますと、これは手術だろうということになり!週明けの水曜日から展示会で講演が決まっていたので、日曜日に入院、月曜日に手術、火曜日に退院というスケジュールで強行し、手首にボルトとプレートを埋め込みました。

IMG_1582
<で、こうなりました。>

なにしろ、今回は洒落にならなかったですね。家族にも会わせる顔がありませんでした。今回を通じて思ったことは:

1.仮に怪我をしたら、仕事的にも金銭的にも、様々なダメージがあるから、絶対気をつける必要あり。無理してもいいことはない。
2.装備は大事。今回もある程度の装備をしていたからこれで済んだけど、プロテクターなしで乗るとかは怖くてできない。
3.公道で攻めるとかは問題外。仮に今回公道だったら、反対車線か、崖の下にいたことになる。

自戒の念も込めて書いておきました。

IMG_1590

とまぁ、こんなことになっておりました。現在は反省しつつおとなしくしています。とにかく今回は色々な人に迷惑をかけてしまって申し訳ありませんでした。やっと固定も取れてリハビリが始まったので、これを書いています。ずいぶん時間がたってしまったけれども、やはり書かずにはいられない内容でした。今はとにかく手首が完全に戻ることを目指しております。梅雨明けぐらいには何とかなるかなと。


Devil May Cry 4 – 4部作だが、箱には4だけ。iPhoneもあるよ。 –

このBLOGもずいぶんと長い間更新ができていませんが、実はたまるストレスを解消する方向でゲームはやっておりまして、そんな都合上爽快感のあるアクションゲームが最近は多いです。

で、いまさらDevil May Cry 4です。もちろんデモ版とかで遊んだことはあったんですが、購入には至ってなかったんです。近くの中古販売店でめちゃくちゃ安かったので買いました。結果としては、映画を見た+思う存分ぶっ叩いたということで、かなり満足。でも、stylishになっても見返りがないというか、やりこむにはいたらないかな。

本当ならば1作目からやりたいんですが、残念ながらxboxは4しかないので、同じプロデューサーさんの別の作品をやろうと思います。4/5ですね。


MOTOAIDに行ってきましたの巻

昨日はもともとMOTONAVI-FESとして予定されていたものの、震災支援活動に形を変えて復活したMOTOAIDに行ってきました。寸前でBuellが修理完了したため、やはり自走で行けることになり、会社の伊東さん(CB400SF)、西澤さん(VTR250)と3人で出かけてきました。待ち合わせは、会場が10:00からだったので談合坂に09:00にしたのですが、八王子近辺から思った以上に混んでいたので、高速ツーリングは初めての西澤さんは間に合わないかなぁとか思っていましたが、なんだかんだで時間通り到着。私は結構前に到着していたので、あまりにも汚いBuellをフクピカできれいにしながら待っていました。

談合坂から会場まではあっという間に着きます。道に誘導の方も出てくれていてわかりやすかったです。というより、バイクがみんな同じ方向に行くので迷いようがない。w

IMG_1542
<会場の駐車場。かなりの台数がすでに来ていました。いいバイクが多いですね。>

すでに結構な人数が到着していて、川西編集長と松下ヨシナリさんのトークで始まっていました。協賛のお店もかなりの数が出ていて、思ったよりも規模の大きなイベントになっていました。

IMG_1543
<会場風景。WAKO’Sのブースでヘルメットを磨いていただきました。ありがとう!>

IMG_1544
<トークに使われていたステージ。よく見るとKTMのトレーラーですね。>

募金したり、お店を見たり、非常にシンプルに楽しいイベントでした。復興イベントというと、なにやらなにしろ募金だ!みたいな妙な感覚があるものが多いですが、純粋に楽しみつつ募金がされていくという、理想的な感じだったと思います。私もブースで募金してみたり、Ducatiのグッズ欲しさで募金したり。そういえばMOTOAIDのステッカーをもらい損ねたなぁ。どこかで手に入らないだろうか。そうそう、最初なかなか合流できなかったんですが、佐々木さんとも会場で会うことができました。その後のミニツーリングもご一緒してます。

個人的には、ACE-Cafeのシャツを買いました。もともと6,000円以上するのに2,000円だよ!そりゃ買うわな。ほかのブースも軒並み30%オフとかになっていて、財布に余裕があればRSタイチのジャケットとか買っただろうな。。。あんなに安くなるケースはまずないですからね。

多くのメーカーも来ていて、試乗会も行われたんです。初めて見る新型も多かったですね。DIAVEL、DUKE125、CBR250R、新型TIGERなどなど。当然乗れない展示のみのものも多かったですけどね。w

IMG_1545
<DIAVEL。リアタイヤが太すぎる!これって交換したらいくらなんだろう。。。本体は以外にも200万円を切るところからあって、V-MAXよりも安いですね。写真はカーボン装備の上位モデルです。ナンバーをつける部分の造形が斬新。>

IMG_1546
<KTM Duke125。兄貴分のDukeに負けない車体。45万円は破格だと思うな。>

IMG_1550
<CBR250R。45万円が破格の第二弾。なぜミラーステーがあんなに細いかは別として、作りが安くない、Hondaらしい良いバイクだと思います。十分に所有感があるね。バイクって、これで十分なところもあるな。>

この試乗会上で、うれしいサプライズがあったんです。われらがBuell隊長野口さんがいました!風の便りにKTMに行かれたとは聞いていたんですが、こんなところでお会いするとは。私と佐々木さんが並んではいってきたので、おぉー、みたいな視線を送っていただいておりまして、挨拶しに行ったら「ご無沙汰してまーす。」って、あれだけの人数いたはずなのに顔とか覚えてるのか!プロだね。お話聞いてみると、なんとKTMへはBuellで出社されているとのこと!情熱をもってバイクに接することが大事であるという会社なのでOKなんだそうです。新型のDuke125はサーキットで走ってもぶれがない本格的な車体ですよ、と熱く語っていらっしゃいました。私は時間の都合でDukeに乗れなかったんですが、前にも書いたっけな、実はBuellを見に行く当日は、お台場までDuke690を見に行く予定だったんですよ。WR250Xに乗っていたし、Dukeのディメンジョンにとても興味があったんですよね。なにやら縁を感じますな。「KTMのイベントは、Buellライダー全員Welcome、いつでも遊びに来てください!上にも通してありますんで。w」と、力強くおっしゃっていました。いやいや、行きますとも!みんなで遊びに行きましょうぜ!

IMG_1549
<野口隊長と。バイクの話をすると、本当に熱い人です。>

で、結局何に試乗したかというと、Speed Triple 1050でした。前から3気筒は興味があったし、なぜか当日不人気者だったので。w乗ってみると、135psもあるのでパワーがあるのは当たり前なんですが、なんというかとてもスムーズ。かつ、回転が盛り上がる感じがとても気持ち良かったです。2気筒でも4気筒でもない、とか雑誌でよく見かけますが、あぁこういうことなのか、と初めて実感しました。馬力のある車種だから余計にはっきりわかったのかもしれません。低速であれだけ気持ちがいいということは、上まで回したときはどうなるんだろう。あと、回した時の音がものすごくいいんです。個人的にちょっとショックを覚えました。かなり良いバイクだと思います。このイベントを通じて、KTMとTriumphの脳内順位が一気に上がった感じがしました。

DSC_0074
<SpeedTriple。気になったのはサイドスタンドが出しにくい/しまいにくいぐらいで、ポジションも良く、メータも見やすい。なんかちょっとでもカウルがほしい気がするので、先代にあったような小さなとさかがあるといいのにな。>

ある程度の時間に帰るつもりだったので、楽しい空間に後ろ髪引かれつつも会場を後にしました。少し遅めの昼食をとりにほうとうで有名な店「小作」に伊東さんに案内してもらいました。

IMG_1554
<豚肉ほうとう。なにしろ、腹一杯になります。ほうとうの基準が変わること間違いなし。>

いやぁ旨かったですよ。ほうとうのハードルがとても高くなった感じがします。西澤さんは「熊肉」にチャレンジしてましたが、値段ほどすごくはないよ、とのことでした。w基本のほうとうがおいしいんだね。

この後、いつもの道志道で帰ってきました。途中若干一名オーバーランしたらしく冷や冷やしましたが、最終的には無事全員帰宅できました。モリトさん、基本に忠実にしっかり減速ね!

IMG_1556
<おまけ:西澤号のVTR。ミッフィー好きの彼は純金製のシールチューン済み。>

IMG_1557
<VTR号全景。またがってみましたが足つきがとても良く、軽くて、細部にわたってこだわりを感じました。もしCBRの余波で安くなっていたりしたら、個人的にはこっちのほうがいいと思うな。>

今回も楽しくショートツーリングさせていただきました。MOTOAIDについては、MOTONAVIご関係の皆様の並々ならぬ熱意の結晶で、本当に素晴らしいと思いました。生有名人もたくさん見られたしね。w時間があればオークションにも参加したかったな。さて次はBKライディングスクール!今から本当に楽しみです!