9月から11月の諸々。。。の巻

またまたすっかりご無沙汰してしまいました。転職後、なんとも忙しい毎日を過ごした結果として、バイクのBLOGを書く時間を取れず、ずるずると今に至ってしまいました。プライベートにBLOGくらい書く余裕が無いとイカンですね。

この間やっていたことといえば。。。タイヤを交換しました!結局定番のANGEL-STにしまして、皆さんオススメのSPEEDSTARで変えてきました。

IMG_2021

本当に手際が良くて、すぐにリアを分解して頂き、

IMG_2022

ホイールです。あんな所に、出荷時のサインらしきものが書いてある。

IMG_2023

前輪も外して吊られて、違う物体になってます、

IMG_2024

という訳で、天使がタイヤに付いて来ました!最近になってようやく天使が消えてきたところですが、前のScoprionSYNCに比べて、思った通りに動いてくれる感じがいいです。なかなか端まで使い切れずにおりますが、このタイヤでスクールにでも行ってちょっとうでを磨かないといけないなぁと思ってます。

次!その次の週ぐらいにBuellのイベント、ブルドックに行って来ました。もういっちょで何度かやってきたブルドックでありましたが、今回がほんとうに最後になるらしいです。

IMG_2026

HD調布のお客さんグループで出かけました。

IMG_2028

現地集合時点の写真。これでも一部です。ものすごい台数のBuellが揃いました。現地ではMLの皆さんとも合流です。

IMG_2031

皆さんと食事を頂きました。道の駅なんですが、なかなか美味しいスペアリブやらソーセージやらをいただきました。

IMG_2032

カスタムコンテストがあったのですが、我らが原さんの始めました。号が堂々の優勝!おめでとうございます!

IMG_2042

参加数度目にして初めてじゃんけん大会で勝利し、帽子を手に入れました。嬉しい!

IMG_2052

最後はMLメンバーで記念撮影です。皆さんカスタムが綺麗!

このイベントがなくなるのは残念ですが、オーナー同士で何とか盛り上がっていきたいですね。とはいえ、徐々にパーツとか厳しくなるのだろうな。。。

次!HYODの革ジャンを買いました。セールで安く買ったんですが、既に持ってたレザーパンツとの相性はとてもいいです。このレザーと、ユニクロのダウンジャケットの組み合わせでこの冬を乗り切ります。あと、街乗り用にやはりHYODのニープロテクターを買いました。散髪行くだけでレザーパンツ履くわけにも行かないしね。さらにHITAIRの一枚物胸部プロテクターを買いました。セパレートのやつを持ってましたが、どうしても間が不安で。つけてみるとフィット感も高く、副次効果として暖かい!ベルクロ付きでHYODのウェアとの相性もよく、気に入ってます。

後は、奥多摩に二度ほど行きました。一度は負け犬さんとほったらかし温泉に行って、そのまま登ってきてます。

Yanagisawa-touge

負け犬さんの新しい愛車、CBR-900RRです。SSだー!格好いいですね。あとは本日も奥多摩に一人旅してきました。

Okutama Lake

相変わらず綺麗な朝の奥多摩湖。

My Buell

そして我が愛車。ちょっときれいにしないとイカンなー。

Mt. Fuji

そして柳沢峠から観る富士山。本日のお山の気温は既に氷点下でした。もう柳沢峠は行き納めかな。

そんなこんなの3ヶ月でした。もちろん、この冬も冬眠なし。走り回ります!


NetAdvantage 2011 Vol.2 スタイル編

今回は、これまでの Metro のお話を少しお休みして、リリースが目前に迫っている NetAdvantage 2011 Vol.2 に関する紹介をさせて頂きます。(たまには製品紹介メインにもお付き合いください!)まず、それぞれの製品における機能面での紹介は、既に弊社の塚越がBLOGに記事を掲載しております。

【Winform】NetAdvantage 次期バージョン 2011 vol.2 追加予定の新機能

【ASP.NET】【jQuery】次期バージョン 2011 vol.2 追加予定の新機能

【Silverlight】【WPF】次期バージョン 2011 vol.2 追加予定の新機能

まず、Windows Form / ASP.NET / jQuery / Silverlight / WPF の主要5製品について解説しています。たくさん興味深い機能が追加されていますが、UX アーキテクトの視点からいくつかピックアップしていきたいと思います。これらの5製品は、下記の3グループに大別できます。

  1. Windows Form
  2. Web (ASP.NET / jQuery)
  3. XAML (Silverlight / WPF)

まず、Windows Form についてはこれまでの宣言通りに機能追加を続けていく予定で、製品群の中では独立して製品開発が続いています。次にWeb ですが、現在はASP.NET がコントロールの種類なども含めてまだまだ先を行っているものの、徐々に jQuery が差を縮めてきて、最終的にはほぼ同じ機能をXAMLのようにリリースしようとしているグループです。最後にXAMLですが、ここ数回のリリースの中で徐々に進めてきた「Shared XAML Strategy = 可能な限りXAMLを共通化していく戦略」に沿って、ほとんどのコントロールがどちらのテクノロジーでも利用できるようになりました。

弊社の主要製品は下記の3つに大別できます。

  1. Windows Form = 既存アプリケーション/システムのサポートや改善
  2. Web (ASP.NET / jQuery) = Web 標準にフォーカスしたクロスプラットフォーム対応
  3. XAML (Silverlight / WPF) = XAML 製品群におけるスキルポータビリティの追求

Web / XAML それぞれにモバイルという軸も存在していて、 jQuery mobile (まだ製品予定として発表できる段階ではありませんが、取り組んでいます) や Windows Phone で対応しています。

すべての製品に共通して目指しているのは、「ユーザーインターフェイス開発において、いかに生産性を高め、優れたUXを実現するための支援が出来るかを追求すること」です。この共通の目標に対して様々な取り組みがされていますが、まず弊社のコンポーネントにおけるスタイル設定について紹介させてください。

ユーザーインターフェイスに一貫性や統一感をもたせるにあたり、利用されているコントロールに対するスタイル設定はとても重要であり、iOSに代表されるなどの影響もあって現在注目されている領域です。多くの業務アプリケーションではデフォルトの状態のコントロールが使われていることが多いのですが、スタイル設定によって「仕上げ」処理を行うことにより、クオリティはずいぶん違って見えることも事実です。ここで問題になるのは、「設定できることがわかっていても時間をかけることが難しい」と判断されていることが多いことです。iOS や Windows Phone を例にとって考えみると、コントロールに適用されているスタイルはしっかりと一貫性を持っているため、利用していて非常に統一感を感じますが、スタイルデザインは単純な一枚絵を作るよりもずっと複雑な作業になります。

例えば、ボタンはmouseOver などのイベントに対して幾つかの状態を持っており、それぞれに対してボタンの形状や色の設定を持っている必要があります。かつ、通常はラベルを設定できるため、可変長の文字列を内包できるようにしなければなりません。特にXAMLではかなり細かくこれらの設定を行うことが可能ですが、なかなか骨の折れる作業となります。

そこで、もう少し手軽にスタイル設定を行う方法が望まれることになります。弊社では Windows Form 及び ASP.NET で利用可能な AppStylist というツールをご提供しております。このツールを利用することで、用意された多くのプリセットのスタイルライブラリを適用することができ、スタイルライブラリの内容に変更を加える形で新たなスタイルライブラリを作ることも可能になっています。詳細は下記のBLOG記事を御覧ください。

アプリケーションデザインツール NetAdvantage AppStylist ご存知ですか?
NetAdvantage AppStylist ご存じですか? その2


[ AppStylist ]

AppStylist 自体はかなり細かい設定を行えるツールです(画面キャプチャをみていただければ多くの設定項目があることがわかります)が、2011 Vol.2 では新たに Office 2010 Black / Silver というスタイルライブラリも追加し、たくさんのスタイルライブラリを利用することができます。これらをそのまま使うもよし、少しだけ変更して使うもよし、というところですが、まずは「IG」というスタイルライブラリから確認してみてください。このスタイルライブラリは比較的最近用意されたもので、弊社のデザインチームがゼロからデザインしているものになります。Windows Form / Web / XAML それぞれの製品で同じデザインのスタイルライブラリを適用できるように用意していますので、まずはこちらをベースに検討されてみてはいかがでしょうか。

一方、jQuery には弊社ではスタイル設定用のツールを用意していません。というのも、jQuery UI のオフィシャルなツールとして ” Theme Roller ” というツールが用意されている為です。この Theme Roller に関しても、既に弊社の池原がBLOGで記事を書いています。

NetAdvantage for jQuery コントロール + Theme Roller [Tips]


[ ThemeRoller ]

jQuery においても、先ほど書いた「IG」と同じスタイルを適用することができます。また、Theme Roller にある Theme も同様に適用可能です。これに関するオンラインヘルプへのリンクもご紹介しておきます。

NetAdvantage for jQuery のスタイルおよびテーマ設定

XAMLプラットフォームにおいては、スタイルの自由度はWindows Form や Web のレベルとは大きく異なり、非常に極端なものも含めておよそ思いつく限りのことが出来るようになっています。ヘルプでも、独立した「デザイナーガイド」を用意している程です。これらの編集には Expression Blend を利用するのが最も確実な方法です。なのですが。。。あまりに自由度が高すぎるため、手をつけるのが難しいと感じている方も多いようです。NetAdvantage ではOffice2010テーマと呼ばれるテーマリソースを Rsource Dictionary 形式で用意していますので、こちらを利用していただくことも可能です。また、2011 Vol.2 においては更に「リソースウォッシング」という機能を追加しました。これは、単色を指定することでコントロールに適用された濃淡によって外観の全てを変更できる機構です。この機能を利用すれば、外観全体を簡単に変更できるようになります。実際に色がどのように変わるかが見えないとイメージがつかないと思いますので、下記BLOG記事(英語)もご参考ください。


[ office2010テーマをオレンジ一色でリソースウォッシュした例 ]

Introduction to Resource Washing in NetAdvantage for Silverlight 11.2(英語)

このように、弊社が提供する製品群において、できるだけ簡単に統一したスタイリングを提供できるように様々な機能をご用意しております。機能に比べてなかなか手が回らない部分ではありますが、うまく「仕上げて」いただいて、品質を高めていってください!NetAdvantage 2011 Vol.2 がリリースされたら、リソースウォッシュも含めて是非試してみてください!