Windows 8 アプリデザインセミナーを開催します

今月末8月31日から3回にわたって、Windows 8 アプリデザインセミナーを開催させていただきます。

Windowsストアアプリケーションにおいては、Windows 8 が提供するユーザー体験との一貫性を保ち、品質の高いアプリケーションを提供する目的で審査が存在します。この審査、現時点でなかなか手ごわい内容となっており、特に開発の仕方についてはMSDNをはじめとする多くのリソースがあるために最終的には問題になることが少ないのですが、こと「デザイン面での指摘」となると、どこをどう直せばいいんだ、そもそもどういう考え方をしておけばいいのか、といった課題が発生しがちです。

本セミナーでは、Windowsストア 審査にあたって事前に確認しておくべきポイントを解説し、コンセプトワークの基本についてお伝えしていきます。 本セミナーは、セミナー会場にご来場いただくリアルセミナーと、インターネット配信による Webinar の両方をご用意いたしておりますので、お好きな方でご参加ください。

時間についても日中と夜の2パターンを用意しており(どの回も内容は同じです)、遠方の方のためにWebinarによるオンラインでの受講も可能となっております。Webinarでの参加の場合録画を後で見ることも可能になりますので、現地で受講される方についても同時に申し込まれることをお勧めします。

基本的には、Visual Studioを開いてアプリケーションを開発する、といったCode Camp的な内容ではなく、どちらかというとペンを手に取って書いていただくような内容です。課題になっているのは、まさにVisual Studioを起動する前のところなのです。

セッションは2部構成となっていて:

「Windowsストア審査において事前に確認するべきポイントをピックアップし、それぞれを解説します。白黒のつけにくい項目が多いだけに、クリアすべき課題がどういったことかを解説し、それぞれのポイントがどのように関連を持っているかについて説明します。」

まずはTips的なところを見ていただきます。皆さんの実際に検討しているアプリがこれらのポイントにおいて問題がないかどうかを一緒に考えていただき、必要な要件を満たしているかについて確認していきましょう。

「このアプリはどういったことに使うのか? このように根本的な問に答えられることは、審査におけるポイントを無理なくクリアするためにも必要です。アプリ そのもののコンセプトをどのようにはっきりさせておくか、ワークシートを利用して皆さんのアプリ について考えて行きましょう。」

Tips的なところを見ていて、仮にいくつかの項目で足りないなと感じてくると、実は多くの問題は設計の最初の時点でアプリのコンセプトをはっきりさせていないことに起因していると気づくことが少なくありません。このセッションでは、アプリに気持ちの良い「割り切り」を行うためにも必要なコンセプトワークの基本について解説させていただきます。

合計2時間のセミナーとなっております。どちらも私がお話しするのですが、もし具体的なご質問などございましたら会場でお聞きできればと思っております。(もちろんWebinar経由でも大丈夫です)会場は品川から歩いてすぐのフクラシア品川というところで、以前別のセミナーでも使わせていただいたのですが、設備もきれいな気持ち良い会場になっています。

今回の内容は、特にDeveloper Campを既に受講してみて開発についてはある程度分かったけど、実際にストア審査にあたってのポイントをデザイン観点で確認しておきたい、という方にお勧めいたします。

是非参加をご検討くださいませ。皆様と会場やオンラインでお会いできるのを楽しみにしております!

アズマ

H.O.G. のロードサイドアシスタンスの巻

私は、盗難保険の絡みもあって、新車購入時からH.O.G.を更新しています。前回更新した時はロードサイドアシスタンスをプレミアムというグレードにアップグレードしました。H.O.G.メリットなし、みたいなこともよく聞くわけですが、そろそろ車検も近づいてきており、サービスを更新するかどうか迷います。

というのも、3年でメーカー保証が切れるので、遠くで何かあった場合に搬送してもらえないと困るからです。近くのディーラーに届くだけではない、いわゆる二次搬送が必要になる場合です。気になったので、H.O.G.の事務局に問い合わせてみました。

回答としては、まずH.O.G.の会員である条件を満たしていれば(年式問わずのハーレーあるいはBuellのオーナー)、メーカー保証が切れていようともすべてのサービスを利用できる、というものでした。なので、プレミアム加入であれば車検が切れて以後も日本のどこで問題が起こったとしてもHD調布まで運んでもらえるようです。現在入っている任意保険にもロードサービスはついていますが、遠い場所だと「当社指定整備工場」とやらがBuellをちゃんと扱ってくれるかもわからず、プレミアムを入れて13,000円を更新することは、もちろんほかのメリット(ハードロックカフェ10%オフとか。。。他にもあるよ)も含めてやっぱりありなんじゃないかと思いました。JBRの場合、距離無制限が9,800円で盗難保険を付けられます。(なんか、微妙にBuellの査定額が上がってる気がしました。気のせいか?)ただ、電気系統がちょっとおかしくなったとか、そんなんで止まっても困るしなー。JBRで金額上げられるのだろうか。有料道路は実費とかいう記述も気になるし。

まぁ後はディーラーで聞いてみるかですけど、その時に突っ込めるぐらいは調べておかないとね。


30ヶ月点検から帰還の巻

予定通り本日HD調布から愛車を引き上げてまいりました。今日は家族で出かける予定があるので、朝一で行って来ました。(ちなみにこの記事は伊豆のホテルで書いてます。家族ともやっぱり伊豆ね。)

20120811-203559.jpg

何時もながら、綺麗にしていただいて返していただいております。大体、引き上げた直後って相当調子がいいんです。ということは、日頃なんだかんだんで調子が出ていない状況になっているということだと思うのですが、大きな要因はなんなのでしょうか。エアクリーナーの清掃とかかな。それと、今回はお願いしていたモトギャルソンオリジナルの削りだしステップをつけていただきました。位置的にはSの通常位置よりも少し高いRの位置になってます。純正は滑ってしょうがないので、期待していました。新品でピカピカしていて嬉しいです。

20120811-203843.jpg

乗ってみると、当たり前ですが一切滑らず、とても快適です。ちなみに、純正でついていたステップはこんな感じです。

20120811-204005.jpg

純正ならではのペガサスマークは嬉しいのですが、見た目通りのツルツルで厳しかったです。これでしっかり踏ん張れると思います。

来週はFSWのカートコースでレン耐チームの皆様の練習に混ぜていただくことになっております。もちろん自分の車両も持ち込みますので、とても楽しみです!


早くも30ヶ月点検、やっぱり雨

昨年の手首骨折から一年経ち、ようやく手首のプレートを抜きました。またこうならないような戒めとして、キーホルダーにしておきました。

20120804-224848.jpg

で、今日は30ヶ月点検ということで久しぶりにエンジンに火をいれて、HD調布まで出かけました。出る時間を測ったように雨が降り、ちょっとがっかりでしたが、手首の違和感もなく好調でした。

点検のついでに、ツルツル滑るステップをモトギャルソンオリジナルに交換、Rの位置なのでちょっと上になりますが、楽しみです。次は車検ですが、通したら排気系でも交換してみたいですね!会社の方が結構忙しいので、またまた物欲が先行し始めてます。冷静に、冷静に…