Halo 5 Guardians : スタートの瞬間から始まる没入感

もはや説明が必要のないフラッグシップタイトル故、やらないわけにはいかない。まずは最初のムービーで度肝を抜くクオリティ。全ての主要な登場人物は、実在の俳優の顔をしている!海外ドラマ好きとしては、まずはかなりグッときます。

そしてムービーと継ぎ目なくプレイが始まり、マルチプレイヤーのようなシングルプレイ。チームが指示で動き、助け、しゃべる。いやー、すごい。なんだこれ。

視点が変わりながら進むのはHalo2以来だけど、今度は2人ともスパルタンなので、ストーリーがとても重要になる。が、結局チームの存在で今どちらかは明確だったりするのが面白い。

細かいところでは、ダッシュからぶちかますというようなアクションが加わったり、スコーピオンの動きがかなり細かくなったり、パンピーが大量に出てきたりと驚きの連続。

単語として「コルタナ」と言われるとどうしてもすでにWindows のヘルパーの方だと思ってしまうが、こちらは元祖、しかもやはりまた登場。

今回は、完全にこの作品から始めるユーザーは切り捨てたように思える。恒例のサイト調整もないし、ハルゼイ博士が片手なのもなんの説明もない。ここまではやってて当然といった展開。まだまだキャンペーン序盤なのにかなりのハマり具合です。マルチはどうなってるのかも気になります。

「シエラ117」と言われた時点で毛穴が開くなら、黙って即オーダーだ!