GoPro4 Session 導入

走行動画のために GoPro4 Session を導入しました。昨年末に値段が下がっていたみたいですね。


なんだかんだとマウント用のフレームなんかがついていますが、まずはフラットなベースをヘルメットのシールドの斜め下あたりにとりつけ、ボールジョイントマウントでフレームをセットします。iPhoneのアプリがよくできているので、色々と試せます。Amazonなんかを見てると完全にブランドを中心としたエコシステムが出来上がっていて、「その他」との差を見せつけている状態です。

メットへのマウントはカーブマウントという曲面対応のものにするかは場所によって微妙な判断になりますね。私はカメラをメラって撮るような性分ではないので、ポンポンとって後で考えます。ビデオ編集ソフトも無償で提供されていて、とても簡単に仕上がります。とりあえずやってみたのがこれ。妙な長尺になってしまってますが、雰囲気はわかるんじゃないかな。


SRTTに参加!

祝日を利用してSRTTに参加してきました。今回は数年前に参加したサマーランドの内容がクラス分けされて、初級のベーシックとなったものです。サマーランドまでは比較的近いのですが、気合を入れすぎてあまりにも早くついたため、集合場所にも代表の内藤さんしかおらず、近くのコンビニで朝ごはんです。


今回はスクールということでフル装備です。つけたばかりのスライダーの世話にならないようにしないと。
  
夏場は観光客で賑わうプール施設ですが、そこの駐車場を借りての場所になります。パイロンを置いてくるくる回るわけです。

だんだん集まってくる参加者の方にお話を聞いてみると、皆さん常連さんばかり!何回参加したかは、正直覚えてないなー。(リアもフロントも端までキレイにお使い)という感じの方が多く、もちろん私はドンケツでトレーニング参加です。車種は様々で、多くはビックネイキッドでしたが、Ninja250SLやH2(!)、中にはDIABELの方までいました。その車種でなぜそこまで攻められる、という感じで皆さん上手いんです。全体的に皆さんベテランさんで、私は年齢的にも若造の領域でした。元気だなー。

  
ブレーキング、8の字、360度ターン、ステップワーク、シート荷重、旋回中のブレーキング(特にリア)コース利用の応用としっかり練習していきます。初級とはいえ、個人的には内容的に初級感まったくありません。初心者ということでインストラクターの皆さんも代わる代わる教えていただき、とても参考になりました。どうしても身体が逃げる傾向にあるようで、もっとハンドルに近づくように意識していきたいですね。

  
結果として、かなりフロントをつかうことになったようです。終わって帰ったら身体がガチガチで、変な力が入ってるんだなーとわかりました。怪我した右肩や右腕はなんともなくて力が抜けていたようで、逆に左腕はかばうのかカッチカチになりました。

残念ながら次回日程は出張直後なので無理ですが、忘れないうちに4月あたりに参加していきたいと思います。

追記 : バレンタインが近いということで、女性インストラクターの方にチョコレートとクッキーを頂きました!疲れた身体にしみましたです。

  


車体の安定性について

  
今日はある人と落ち合うために大黒PAまで出かけてきました。いつも通るC2→羽田空港を通り過ぎてその先おもったより長くまっすぐ乗っていると大黒PAです。現状の距離を測るシステムになった首都高速だと、大黒などの上りも下りも出ることができるPAで折り返した場合、4時間以内に首都高を離れれば最大料金一回で済むみたいですね。なんだかお得。

  

 写真は相変わらずいつものところで給油中のものですが、今日驚いたのはRC250の車体の安定性です。空港過ぎたあたりは結構クルマが飛ばしていまして、その後ろをついていったらいつのまにか結構速度が出ているんですね。今日は実際Buellでもなかなか出さない速度になってしまっていましたが、私が所有していたBuellであればかなりブレが出たりして車体が安定しないところでも、車体は全く動じません。7,000回転こえたあたりからぐわーと振動は出ますが、そのまま回していたらリニアに振動が大きくなるかというとそうでもなく、かえって落ち着くような錯覚さえ覚えます。

本来なら390でも使っている車体ですし、当たり前だとは思うのですが、ある程度速度が出ていてもギャップなどをうまく収束させてくれるサスペンション、身を預けやすいシートやタンク回りの良さもあって、不安になりません。(つまり、390ってかなり早い気がする。。。でも250で私は十分。)ほかの250クラスも車体の設計が新しいものはこうなのかもしれませんが、私にとっては結構驚きです。次にサーキットに行く機会が楽しみです。

あと、あまり関係ないかもしれませんが、Go Pro Hero 4 Session という一番小さいGo Proがほしくなってきました。メットや車体にマウントしてもっても小さいので目立ちません。本格的なシーズン前に何とかほしいな。