1年点検~KTM Power Parts クラッシュバー装着

コロッケツー以来長めのツーリングに行くことができず、悶々としておりますが、9月登録のバイクに乗っているために1年点検をしていないことに気づきました。もともと試乗車だったバイクなので、元の持ち主のKTM川崎中央さんで整備してもらうことにしました。あとは、林道ですっころんでも絶望しないためにKTM Power Partsのクラッシュバー(603.12.968.344/33)を装着することにしました。私のAdventureはもともとのフレームがオレンジではありませんので、フレームに合わせてブラックです。色々あとから装着したりすることを考えると1190 Adventure R もお得だなとか思うようになったら完全に病気ですね。。。あっちは21インチで試乗したときも足ツンツンでまともに乗れる気が全くしなかったので、やっぱり私のベタベンチャーで正解なんだと思います。しかし、税込み187万円ってライバル社に比べると明らかにお得ですね。BMWやトライアンフなんて230~250万ですので。でかいセロー的なやつ(謎)を目指します。

事前にAdventureは入庫していたのですが、この時に690 Dukeを代車で貸してくれたんです!試乗車ですよ、ラッキー!

20161217_021032905_ios

Buell を買おうとしていた時に、お台場まで先代のモタードっぽい690Dukeを買いに行こうとしていたのを思い出しました。結構縁のある一台。試乗したのはローダウンしてますが、パワーパーツのシートとかついてますので相殺くらいなのかな?結構車高は高いですね。なんか、ディメンション的に自転車に乗ってるような気分です。フロントの動きが粘る感じで慣れるまでちょっと違和感がありました。パワーの出方は途中からグイッと盛り上がる感じで、70km超えるくらいの加速感がとても気持ちいいですね。Akorapovicがついてるからんだんろうか。とはいえ、RC250を持っている身からするとどうしても欲しくなるパンチはないかもしれません。以前乗り比べをした時もDuke390でもいいかもなーとか思ってしまったのを思い出しました。もし一台しか持たないのであれば、いつでもどこでも使える感じのこんなバイクもありかもしれませんね。最新モデルはカラー液晶ついてたり、EICMAではパラレルツインの790も発表されたみたいですし、価格帯的にもこのあたりに力を入れていくんでしょうね。なんだかんだで、新しいバイクに乗るのって楽しいものです。家までの往復だけですが、代車で楽しませていただきました。

20161223_012536137_ios

整備完了+パーツ入荷のご連絡をいただいたので、連休初日の朝一に川崎まで行ってきました。RC8がありました!この最後の?モデルのカラーリングはとても好きです。ポジションを楽なものに変えてツーリングまで使う人もいるらしい(中にはバーハン仕様なんかも)ですがどうなんでしょうね。このコンセプトモデルがそのまま走り出しましたという感じのエッジなデザインに惹かれますが、トラコンなし、という潔い仕様は私には無理だろうな。KTMがこれの後継は考えていない的な発言をしていたのでSuper Dukeあたりに集約されるのかもしれないけど、ちょっと寂しいですよね。

待ち時間に私と同様に整備待ちの方と話し込んでいました。イスラエルから来られたらしいんですが、20年日本に住んでるらしく日本語がペラペラでした。是非ツーリング行きましょうね!とLINEの交換しまして、こういう出会いがバイクライフのPricelessなところです。

もちろん整備もしっかりやっていただき、かなり汚れていたとのことでエアクリーナーの交換、ブレーキフルード/クラッチフルードの交換もしていただいたのですが「アズマさんにお勧めのパーツがあるんですよ」とのお話があり、確認してみると。。。

20161223_030535890_ios

ピンボケ写真でわかりにくいですが、サイドスタンドの設置面を増やすようなパーツです。山なんかへ出かけた場合、ぬかるんでいるとサイドスタンドがズブズブとめり込んでしまうこともあるんですが、大きくすることでそれもある程度防げます。あとはでかくなるのでサイドスタンドもかけやすくなりますね。これはいいセールスをしていただきましたw

20161223_024012017_ios

今回の装着後の写真になります。過去の写真と比較していただくとわかりますが、オレンジのサイドカバーのすぐ下についていたプラスチックパーツを外して装着しています。左側はチーズナッツパークで立ちごけしたときにすでに傷ついてましたので、それもわからなくなりました!整備と同時にがっちり洗車してくれていましたので、ピカピカであります。

20161223_024000385_ios

サイドスタンド側はこんな感じです。あと何とかしたいのはグリップヒーター(純正は手元でコントロールできます)、アルミアンダーガード(アンダーガードが絶対必要というようなハードな場所に行くかは別として)、サイドパニアくらいですね。並行して揃えているキャンプ道具もほぼトップケースだけで入りますが、サイドのほうが安定するというし、フルパニアで泊りがけとかも行ってみたいですし。とまあ妄想を膨らませるその前に、本業で頑張らないとだめですね!

20161217_044403740_ios

話は変わりますが、長年使っているBOBLBE-Eをリフレッシュしました。サイドのパーツなんかを新調しています。長く使える工夫って大切ですよね。Adventureにはあとどれくらい乗れるだろうか。


恒例のコロッケツーで、タイヤをチェック

今日はよく晴れましたので、前日にカシノキ校長と約束して恒例のコロッケツーにでかけてきました。

八王子道の駅滝山に08:00集合で、都民の森経由で奥多摩周遊道路、柳沢峠を超えて馬刺しのクスノキさんへ向かいます。

タイヤをアナキーワイルドにしてから、初めて八王子まで高速を使いましたが、特に大きな問題はありませんでした。帰りの河口湖からもまあまあのスピードで帰りましたが、やはり問題ありません。ロードノイズがあるとかそういうのは、排気音のほうが勝ってると思います。振動はそれなりにありますが、前どんな感じだったか忘れました。というレベルの差です。

ワインディングでどうだったかというと、独特のフロントの動きに慣れてしまえばこちらも全く問題ありませんでした。これまでに比べて簡単にパタンと倒れ込むので、バンクするに任せて後輪軸で旋回するようにするとグイグイ曲がる感じです。今日は奥多摩周遊道路で少し凍結があったり、早朝なのでウェットな感じがあってツルツルしてましたが、ブロックだからといってグリップしないということもなく、リスクの高いところでは車体を立てるなどそれなりの乗り方をすればこれまた問題ありませんでした。ちなみに、一度白線上に凍結があるところに乗ってしまって派手にテールか流れましたが、バイクが勝手に収束してくれました。前回のヌルヌルで慣れたのかもしれませんが、ありがたいです。

10:30過ぎに到着しました。クスノキのコロッケは店主が亡くなられてからも健在、いつも通りの美味しさでした。今回初めてお持ち帰りしてみたところ、家族にも大好評でした。カシノキさんの指南どおり、先にレンジで30秒、その後オーブンでカラッとさせると冷めてからでもうまいです。

帰りに、河口湖まで抜けて校長オススメの「吉田のうどんくらよし」でうどんを食べて帰りました。

肉天うどん500円。安くて美味い!途中立ち寄ったお店の駐車場やちょっとした段差で密かにタイヤのオフ性能を試していましたが、流石にオフよりのタイヤ、何事もなく走らせてくれました。と言っても、道に出るとき少し段差の大きいところを超えたりした程度ですけど。

このあとは素直に河口湖から抜けて帰宅しました。この感じなら、自走して林道で遊んでそこから高速で帰宅、という使い方でも問題なさそうです。林道行きたいな!