The Legend of Zelda: The Wind Waker

子供と長い時間をかけて進めていたゼルダの伝説 風のタクトをようやく終えました。同時期に(特に後半は)Haloをやっていたので、同様の超絶グラフィックの世界ではもちろん無いのですが、独自のトゥーンレンダリングが大変気持ち良く、もちろん子供にも優しい感じで大変楽しく終えました。wiiを持っている人達には是非お勧めしたい一本です。おそらく、本体の売り上げのおかげで売り場や中古市場でも不遇の扱いを受けているはずのゲームキューブですが、なぜかwiiの発売でその持ち味が再度評価される危機を得た感じです。現在のwiiタイトルの多くもゲームキューブ向け開発だったものをwii向けに変えたタイトルも多いようですから、ハードとしても魅力はかなり高かったのでしょうね。

UI視点で見ると、完全にコントローラとマッピングされた操作系が、多彩な武器の存在にも関わらずスムーズな操作をさせてくれたことと、敵に「注目する」しくみが良くできていて、3D操作でも迷いがありませんでした。3Dをインターフェイスにするようなケースがあれば、大変参考になると思います。

ゲームを終えてスタッフロールを見ながら娘が一言「こんなにたくさんの人が作っているんだね。すごいね。」と言うておりました。彼女が目を輝かせるようなモノを一つでも世の中に送り出したいと思う父です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.