Live Mesh

今日は気分を変えてOS XのMarsEditでこの記事を書いています。何度目かの正直でメイン環境をMacに戻したところなので、Live MeshクライアントをMacに入れてみました。

Live Meshは既にWindows上では使っていました。フォルダがシンクロしてくれるという非常にシンプルな機能だけでかなり作業的には助かっています。Mac上でも全く問題なく同期してくれました。(最初はキーチェーンの不具合のせいでうまく動いていませんでしたが、私はキーチェーンのリセットをしたら直りました。)

本来的にはMeshはAPIでアクセスしてMesh内のファイルにアクセスできるのがポイントです。SilverlightでもFlashでもFlexでも、APIをしゃべれるクライアントであれば利用することができるようです。感覚的にローカルに置いたものが実はサーバにアップされてAPI経由でアクセスされているのに、あたかもブラウザアプリケーションがローカルのフォルダを参照しているように感じ、まさにそのように利用できるアプリケーションを作ることができそうです。

また、Web上のdesktop環境で稼働するアプリケーション?も配置することができそうです。デフォルトでもメディアブラウザとしてSilverlightアプリケーションが使われています。おそらくはWeb版Officeなどとも連携してくることでしょう。そうなってくると、Mesh DesktopがOS的にも見えてきますね。

Live Mesh OS X
<Mac OSX上でのLive Lesh稼働中のデスクトップ>

“Live Mesh” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.