GoPro4 Session 導入

走行動画のために GoPro4 Session を導入しました。昨年末に値段が下がっていたみたいですね。


なんだかんだとマウント用のフレームなんかがついていますが、まずはフラットなベースをヘルメットのシールドの斜め下あたりにとりつけ、ボールジョイントマウントでフレームをセットします。iPhoneのアプリがよくできているので、色々と試せます。Amazonなんかを見てると完全にブランドを中心としたエコシステムが出来上がっていて、「その他」との差を見せつけている状態です。

メットへのマウントはカーブマウントという曲面対応のものにするかは場所によって微妙な判断になりますね。私はカメラをメラって撮るような性分ではないので、ポンポンとって後で考えます。ビデオ編集ソフトも無償で提供されていて、とても簡単に仕上がります。とりあえずやってみたのがこれ。妙な長尺になってしまってますが、雰囲気はわかるんじゃないかな。


SRTTに参加!

祝日を利用してSRTTに参加してきました。今回は数年前に参加したサマーランドの内容がクラス分けされて、初級のベーシックとなったものです。サマーランドまでは比較的近いのですが、気合を入れすぎてあまりにも早くついたため、集合場所にも代表の内藤さんしかおらず、近くのコンビニで朝ごはんです。


今回はスクールということでフル装備です。つけたばかりのスライダーの世話にならないようにしないと。
  
夏場は観光客で賑わうプール施設ですが、そこの駐車場を借りての場所になります。パイロンを置いてくるくる回るわけです。

だんだん集まってくる参加者の方にお話を聞いてみると、皆さん常連さんばかり!何回参加したかは、正直覚えてないなー。(リアもフロントも端までキレイにお使い)という感じの方が多く、もちろん私はドンケツでトレーニング参加です。車種は様々で、多くはビックネイキッドでしたが、Ninja250SLやH2(!)、中にはDIABELの方までいました。その車種でなぜそこまで攻められる、という感じで皆さん上手いんです。全体的に皆さんベテランさんで、私は年齢的にも若造の領域でした。元気だなー。

  
ブレーキング、8の字、360度ターン、ステップワーク、シート荷重、旋回中のブレーキング(特にリア)コース利用の応用としっかり練習していきます。初級とはいえ、個人的には内容的に初級感まったくありません。初心者ということでインストラクターの皆さんも代わる代わる教えていただき、とても参考になりました。どうしても身体が逃げる傾向にあるようで、もっとハンドルに近づくように意識していきたいですね。

  
結果として、かなりフロントをつかうことになったようです。終わって帰ったら身体がガチガチで、変な力が入ってるんだなーとわかりました。怪我した右肩や右腕はなんともなくて力が抜けていたようで、逆に左腕はかばうのかカッチカチになりました。

残念ながら次回日程は出張直後なので無理ですが、忘れないうちに4月あたりに参加していきたいと思います。

追記 : バレンタインが近いということで、女性インストラクターの方にチョコレートとクッキーを頂きました!疲れた身体にしみましたです。

  


車体の安定性について

  
今日はある人と落ち合うために大黒PAまで出かけてきました。いつも通るC2→羽田空港を通り過ぎてその先おもったより長くまっすぐ乗っていると大黒PAです。現状の距離を測るシステムになった首都高速だと、大黒などの上りも下りも出ることができるPAで折り返した場合、4時間以内に首都高を離れれば最大料金一回で済むみたいですね。なんだかお得。

  

 写真は相変わらずいつものところで給油中のものですが、今日驚いたのはRC250の車体の安定性です。空港過ぎたあたりは結構クルマが飛ばしていまして、その後ろをついていったらいつのまにか結構速度が出ているんですね。今日は実際Buellでもなかなか出さない速度になってしまっていましたが、私が所有していたBuellであればかなりブレが出たりして車体が安定しないところでも、車体は全く動じません。7,000回転こえたあたりからぐわーと振動は出ますが、そのまま回していたらリニアに振動が大きくなるかというとそうでもなく、かえって落ち着くような錯覚さえ覚えます。

本来なら390でも使っている車体ですし、当たり前だとは思うのですが、ある程度速度が出ていてもギャップなどをうまく収束させてくれるサスペンション、身を預けやすいシートやタンク回りの良さもあって、不安になりません。(つまり、390ってかなり早い気がする。。。でも250で私は十分。)ほかの250クラスも車体の設計が新しいものはこうなのかもしれませんが、私にとっては結構驚きです。次にサーキットに行く機会が楽しみです。

あと、あまり関係ないかもしれませんが、Go Pro Hero 4 Session という一番小さいGo Proがほしくなってきました。メットや車体にマウントしてもっても小さいので目立ちません。本格的なシーズン前に何とかほしいな。


Duke690 / Super Duke 1290 試乗

行ってきました、Duke一気乗り。
  
  
結論から言うと、前にオートレース場で試乗した時にも感じましたが、690は390とか250とかに感じが似ていて、回せば違うんだろうけど、あまり大きな違いを感じず。ポジションもアップライトすぎて、個人的にWR250Xを思い出しました。これを買うならRC250を手放すということになるのでしょうけど、それはないように思います。乗りやすいのは間違いないし、一台に絞るならありな選択ですね。

1290はトルクがすごくて、Street modeでも2速で少し回すととんでもないパワーがかかるバイクでした。ポジションも690ほどではないし、排気音のヤル気感、安定感、スムーズなエンジン、どれもいいなーと思わせるものでした。これでstreet か rain で走ってれば怖くないんじゃないですかね。

  
で、お汁粉を頂いてアンケート書いて帰りましたが、帰りながら思ったのは、RC250手放すのはないなー、ということです。ようやく走り方がわかってきたのか、3,4速を使って4-5,000くらい回していると気持ちがいいし、それでいてスピードも出ていないw 楽しさとパワーやスピードが必ずしも比例しない感覚はあります。所有感やツーリングということで大型も欲しいと思いますが、今年一年頑張るモチベーションにしつつ、今年はRC250で楽しみたいですね。

1290は現行モデルから”GT”と”R”にラインナップ変更するみたいなので、欲しい人はお早めに!というプッシュを頂きました。俺のKTMでパワーパーツ25万円分つきますし、金利がゼロになったりもするので、「今欲しい人」はオススメですよ。

記念品のステッカーを持ち帰れず、また取りに行くことになるので、その時また諸々「相談」かなー。


ブレーキローター他換装

ブレーキローターを320にして、クラッシュパッドなどを装着してみました。

   
   
富士スピードウェイでのカートコースグルグル対策ですが、そんなに目立たず装着出来ました。ショップにあった別の390にはBaby Faceのステップ取り付け中でした。オレンジがカッコいい!でも、ちとお高いし、上で「前」寄りのセッティングらしいです。

   
 
ショップの方曰く、ステップと同軸でないのが好みの分かれるところで、かつプレートがスイングアームを共締めしているので取り外しもなかなか面倒らしいです。純正はすぐステップ擦るらしいですから、早めになんとかしたいですね。PowerPartsにもあった気がするので、そっちも調べてみようかな。

付けたところなのでなんとも言えませんが、ブレーキも効き始めが早いというか、タッチが好きな感じになりました。ヨシヨシ。週末晴れますように!


しばらくRC250一台になる

  
ついにBuell を手放しました。2010年に乗り始めてほぼ丸6年の付き合いでした。

途中、事故したり良くないこともありましたけど、イベントに行って友達もたくさんできたり、ツーリングもたくさん行ったり、サーキットに行ってみたりと楽しませてくれました。私のプライベート側で色々と充実させてくれた相棒でした。

色々考えた末ドナドナすることにしましたが、良いバイクでした。新しいオーナーの元で元気に走ってくれることを願います。

RC250の方は、機嫌良く1,100kmを超えたところです。これを持っている状態で、2台目をどうするのか悩み続けるプレイに入りたいと思います。

さて、心機一転、また走り出そう。


ついにBuellを降りました。

  
ついにBuell を手放しました。2010年に乗り始めてほぼ丸6年の付き合いでした。

途中、事故したり良くないこともありましたけど、イベントに行って友達もたくさんできたり、ツーリングもたくさん行ったり、サーキットに行ってみたりと楽しませてくれました。私のプライベート側で色々と充実させてくれた相棒でした。

色々考えた末ドナドナすることにしましたが、本当に良いバイクでした。新しいオーナーの元で元気に走ってくれることを願います。

しばらくは、もう一台のRC250に乗って行くことになります。

さて、心機一転、また走り出そう。


Halo 5 Guardians : スタートの瞬間から始まる没入感

もはや説明が必要のないフラッグシップタイトル故、やらないわけにはいかない。まずは最初のムービーで度肝を抜くクオリティ。全ての主要な登場人物は、実在の俳優の顔をしている!海外ドラマ好きとしては、まずはかなりグッときます。

そしてムービーと継ぎ目なくプレイが始まり、マルチプレイヤーのようなシングルプレイ。チームが指示で動き、助け、しゃべる。いやー、すごい。なんだこれ。

視点が変わりながら進むのはHalo2以来だけど、今度は2人ともスパルタンなので、ストーリーがとても重要になる。が、結局チームの存在で今どちらかは明確だったりするのが面白い。

細かいところでは、ダッシュからぶちかますというようなアクションが加わったり、スコーピオンの動きがかなり細かくなったり、パンピーが大量に出てきたりと驚きの連続。

単語として「コルタナ」と言われるとどうしてもすでにWindows のヘルパーの方だと思ってしまうが、こちらは元祖、しかもやはりまた登場。

今回は、完全にこの作品から始めるユーザーは切り捨てたように思える。恒例のサイト調整もないし、ハルゼイ博士が片手なのもなんの説明もない。ここまではやってて当然といった展開。まだまだキャンペーン序盤なのにかなりのハマり具合です。マルチはどうなってるのかも気になります。

「シエラ117」と言われた時点で毛穴が開くなら、黙って即オーダーだ!


サーキット走行会に参加

RC250を購入したフリーダムナナさんのサーキット走行会に参加してきました。ものすごい参加人数でした。

   
   
最後のR1はブリジストンから来てくれた講師の方のものですが、初めて間近で見ました。H2が何台かいたのが、カワサキ系のフリーダムナナさんらしいですね。

   
    
 
この日は初めて保安部品を外しました。リアは赤・緑・灰色のソケットをシート下で外してから、4点ボルトを外すとあっさり外れます。いきなりボサッと落とさないようにご注意ください。

ミラーは六角レンチだけで外れますが、やはりソケットを慎重に外して、付いていたボルトを止めるためにはある程度の厚みのスペーサーが必要です。私はにりんかんで適当に購入しましたが、本当ならばここに合うような削り出しの板とかがあればいいですよね。でないと、ゴムが歪みます。

   
    
 
レッスンを受けつつも気分良く走って、タイヤもこの通り。ブリジストンブースで空気圧の調整をしていただいても、車重が乗らずに潰れなくて、端のほうは使えてません。数少ない軽いのがマイナスなところです。純正のロッソIIは今回のようなサーキット(FSWのショートです)には向いてますよね。ブリジストンのS20Evoというのも勧められました。次はこれにしてみようかな。食いつきの良いタイヤは楽しいものです。

   
    
    
 
今回はバッグを買ってつけて行ったので、工具とか、スニーカーとかを持ってきていて、待ち時間も快適に過ごしました。耐久レースの人達はガチ勝負で、すごい勢いでした。ちなみにBuell勢が多く、最終的に優勝されてました。すごい!

   
 
1日あっという間で、保安部品を元に戻し、帰宅準備です。最後にジャンケン大会に勝ち、ゲルザブをゲットしました。なかなかジャンケン大会に強いようです。

かなり楽しかったので、またライパあたり参加してみようかなと考えています。スタッフの皆様、楽しい時間をありがとうございました!


ツーリング(生きてます)

久々にBuellでツーリングに出かけました。その後、といってもブログポストが2年以上まえからありませんでしたが、なんとか復活し、なぜか増車したりしつつ今に至ってます。

 
今日はカシノキ号Speed Triple とナツキ号MT-09とのお出かけです。 まずは塩山へ向かってコロッケを目指します。
   
   
途中柳沢峠で休憩、富士山が素晴らしい眺めでした。その後降ってでかコロッケをほうばります。

   
 
カシノキさんの防風装備は、ワークマンで600円だって!馬肉のコロッケは相変わらずメチャメチャ美味い。土日だと予約しとかないと食べられそうにないです。

   
   
その後河口湖方面へ移動し、お昼ご飯。支那そば けん、という店なんですが、肉チャーハンを注文。なんと550円!もうれつにコスパの高い美味いチャーハンです。さすが食のプロのスポットは違う。

  

その後山中湖へ移動して記念撮影です。腫れ方が気持ちよかったな。
   
 
で、そこから道志道の駅で休憩、てメチャ混み!近隣のライダー全員きたか、という感じ。古いバイクが多いですね。

ここから、河口湖で中央道に乗り、カシノキさん家でお土産を頂いて帰りました。最後もプロの味で締めて楽しくツーリング終了!